アドバイスBOX

先生方とちょっとチャット

Vol.43 体験レッスンをします。絶対に失敗しないオススメ教材を教えてください。

では、英語を全く知らない子ども達が最初から楽しくできる、人気の活動を紹介しましょう。

『Let’s Make a Face』 (対象 3歳児―10歳児) 顔をつくろう!

act90_U2_3

子ども達が自分たちで、大きさや、長さ、色の違う顔のパーツを選び、顔を作っていく活動です。

TMLet's make a face (Teacher’s Manual English 版 より/クリックで拡大できます)

教具を使ってボードで3~4つの顔を楽しく作っていきます。できあがった顔に左から順番に1,2,3と番号を付け、先生がその中から顔を一つ選び、その顔について英語で説明します。子ども達は自分たちで作った顔ですので、英語を一生懸命聞いて先生の選んだ顔をあてることができます。

活動の後は、chant:Let’s Make a Face で、レッスンのターゲットの英語(この場合は顔の部分)を楽しく暗唱します。レッスンの後は、保護者の方に次のようなレッスンの目的を話しましょう。

  CHANT: Let’s Make a Face  (簡単にreciteできるチャンツです!)

   ♪Let’s make a face. A happy happy face. Eyes, a nose, and a mouth. (sad/ angry/ funny)

 

【 レッスンの目的】

1.英語で自分の意思を伝える重要性

2.言語活動の中であらかじめ答えが決まっていない創造的活動の重要性

3.目的があれば、リスニングはできるようになること

4.チャンツでターゲットの語彙や文を楽しく暗唱する重要性

5.世界中には、いろいろな色の目や、髪を持つ人がいることを知る重要性

保護者の方々にお話ししている間、子ども達に自分で考えた顔を描かせるとよいでしょう。

 

使用教材:カラー教具No.31 /Learning World Book 1 アクティビティ・シート集90にもこの活動のシートが入っています。

指導の仕方はLearning World 1指導用CD-ROMに詳しい記載があります。

■実際の指導書の内容はこちらからご覧いただけます。⇒⇒LW1TB_U2_3

bk1 2-3 simen  Learning World Book 1 に準拠しています。

使用教材:

カラー教具No.31 Let’s Make a Face  ⇒⇒お求めはコチラから

*Learning World Book 1をすでにお使いの方は、カラー教具をお求めになる必要はございません。 『ACTIVITY SHEETS 90』の中に Let’s Make a Faceの教具は入っています!

 

Vol.41  カードとカラー教具(アクティビティ・シート集)の違いは?

カードとカラー教具(アクティビティ・シート集)の違いは?
カードは語彙を定着させるものです。
カラー教具(アクティビティ・シート集)は、活動で使う厚紙で、様々な形をしており、主に黒板に貼って使います。「英語を使わなければ解けない」課題を提供するための教師用グッズとお考えください。
大きさは、多くはA4サイズ、いろいろなパーツは手のひらサイズです。大きいものもA4サイズにたたんで収納できます。(収納方法はこちら
「PINK」「YELLOW」「BLUE」「READY」準拠のものは「カラー教具集」
「Learning World1、2、3」準拠のものは「アクティビティシート集」と名付けられています。決められた語彙や文のドリルではなく、「課題を達成するため」、子供達が自分で選んで英語を使うために、カラー教具(アクティビティ・シート集)は不可欠です。カラー教具(アクティビティ・シート集)はLearning Worldシリーズの大きな特徴でもあります。
(子供達は『アクティビティシート集90』が大好きです! VOICE VOICE VOICEへ)

Vol.38  Learning Worldの保護者の方へのお手紙はどこにありますか?

Learning Worldを使っています。以前、保護者の方へお渡しするお手紙をWEBで見ましたが、見つけられません。どこにあるのでしょうか?
Learning Worldシリーズの各巻の内容と一年間の目標を保護者の方々に分かりやすく説明した「保護者の方へのお手紙」は、 「アドバイスBOX」の中で公開しております。
「各巻のシラバス(保護者の方への手紙)」はこちら
(アドバイスBOX⇒ Learning World シリーズをお使いの先生方への最後の行に「各巻のシラバス(保護者の方への手紙)」があります)こちらからプリントアウトしてお使いください。
こちらを参考にして先生の各教室のオリジナルを作って頂いても結構です。

Vol.37  Learning World認定校になりたいです。いつ申し込めますか?

日本の英語教育が大きく前進しているのを感じています。Learning Worldという良い教材に出会えたので、次はアプリコットさんを通じて素敵な先生方との交流を通して、情報を交換できることを楽しみにしています。アプリコット認定校になり、皆様の仲間になれることを楽しみにしております。そしてサマーキャンプなどにもぜひ参加したいです。
Learning World 認定校についてはAPRICOT Matesのページでご案内します。 生徒募集時のサポート、認定校プレートの無料サービス、語彙力をフォローする「英単熟検」、サマープログラムのサポート、情報交換の場として、「APRICOT Matesのひろば」をご覧いただくなど、各種企画しています。
認定校の申請条件・申請方法についての詳細はこちらをご覧下さい。

Vol.36  幼児向けテキスト、YELLOWについて教えてください!

10ユニットのテキストですが、1冊で1年間レッスン(40レッスン以上)のイメージをつかむことができません。幼児期の繰り返しはとても大切でその効果も期待できますが、生徒を飽きさせずに同じレッスンを行う事ができる仕組みがあるのかどうか知りたいです。

yellow表紙  Fivelittlemonkeys text WEBbig

WELCOME to Learning World  YELLOW は10ユニットあり、1か月1 unitを基本にカリキュラムをたてます。「1度やったら次週はやらない」、ではなく、見開き2ページを2週かけておこないます。 幼児は集中力が短く、すぐに忘れるので、5分刻みの内容を何度も繰り返します。付録のMy Bookや別売の『アクティビティブック』は Independent workとして、 calm downさせる役割も担っています。幼児クラスはレッスン時間が教室によってまちまちですので、下記を参考にオリジナルのカリキュラムを組み立ててください。

【新unit 1回目のレッスン】
・Warm up SONGS (英語の歌をみんなで歌う)
・WORD EXERCISE (YELLOW準拠カードとCD音声を使って)
・ACTIVITIES (指導書にある歌やチャンツのアクティビティ)

【2回目のレッスン】
・Warm up SONGS (英語の歌をみんなで歌う)
・WORD EXERCISE(YELLOW準拠カードとCD音声を使って)

...t 23_1(.)

・1回目のレッスンのACTIVITIES(復習)
・Short Dialogue

【月ごと(4週目)】unitごとに復習
・テキスト付録My Book (習った歌やチャンツを復唱できるミニブック 塗り絵や書き込む箇所もあります)
・アクティビティブック (知育と色塗りの幼児向けワークブック)

mybook WEB用

【指導書】
WELCOME to Learning World YELLOW のカリキュラム構築には
年間30レッスン分のレッスンプランを詳しく記載した
『30 Lesson Plans for Young Learners』をご活用ください。
45分授業を基本にしていますが、25分授業のやり方も紹介されています。

★歌やチャンツの復唱が定着のカギ★
幼児クラスの歌やチャンツは、今学習しているのunitだけでなく、Unit1からの歌、
チャンツをWarm upや復習タイムにアクション等を付けて一緒に復唱することが大切です。
幼児は楽しければ何度でも同じ言葉を繰り返して言うという特徴があり、聞いた
音をそのまま真似るのが上手です。教師の言う言葉をそのまま口にしますので、
その特徴をレッスンに生かしてインプット量を増やしてください。

Page Topへ