コミュニティ

スーパー英語教師うるとらうっち~のてんこもりブログ

新着
カテゴリー
プロフィール
英語教室主宰。英語教師歴30年。幼稚園・小学校・中学校・短大での指導経験あり。執筆・講演・研修もボチボチ。世界11カ国でのホームステイ経験を生かし、厳しい社会を生き抜く知恵と強靱な精神力を養うべく、体育会系のノリで人間教育に日々奮闘。福島の地にゆりかごから墓場まで、笑って暮らせるコミュニティを作るのが夢。「流れ流れ」が口癖のマルチなオバサン。
  • 年齢別商品一覧
  • 【動画】幼児“With My Eyes, I Can See”を活用したレッスン例

    私が幼児~低学年クラスで使っている、『WELCOME to Learning World YELLOW』のチャンツ“With My Eyes, I Can See”を題材にしたレッスン動画です。


     

    【チャンツ】

    withmyeyestext

    ♪With my eyes, I can see.

    ♪With my ears, I can hear.

    ♪With my nose, I can smell.

    ♪With my mouth, I can eat.

    ♪With my arms, I can hug you!♪With my legs, I can walk.

     

     『WELCOME to Learning World YELLOW Unit 5B』より

     

    (1)Q&Aを通して単数形と複数形を意識させる。

    「How many eyes do you have?」のようにBody Partsの数を尋ねながら、単数形と複数形に意識を向けさせます。この時、難しい説明は加えず、あくまでも音声をインプットすることに重点を置きます。

     

    (2)語彙練習をする。

    「Eyes, a nose and a mouth.」 がスムーズに言えるようになるまで、繰り返し練習をします。動画では『Two Eyes, A Nose and A Mouth』という絵本を使っていますが、テキストに準拠した「カラー教具」の福笑いを活用することもできます。(カラー教具No.13)

    withmyeyes 資料本      13

     

    (3)Book1 のチャンツを活用する。

    既習・未習に関わらず、Learning World の歌やチャンツはどんどんレッスンに取り入れるのがうっち~流です。動画の中では2年後に学習するLearning World Book 1 のテキストに出てくるチャンツ『Let’s Make a Face』のリズムを使って、「Eyes, a nose and a mouth.」を練習しています。

     

    (4)Q&Aを通してチャンツの歌詞を理解させる。

    「目で出来ることは何?」などと問いかけながら、「With my eyes, I can see.」の意味を理解させます。以下同様に続けて行きます。

     

    (5)ミニブックを作りながらチャンツを聴く。

    My BODY Bookを作ります。作業をしている間中CDを流します。この時1人1人の発音をチェックして、間違っていれば修正します。

    withmyeyes mybook

    (6)チャンツを使ってゲームをする。

    ミニブックが出来上がったら、CDに合わせてチャンツを言いながら動作をします。最後の「With my arms, I can hug you!」のところで、教師が子供達を追い回して、つかまえた子供をhugします。子供達はキャーキャー言いながら逃げ回るので、教室がかなり騒々しくなりますが、そのゲームをレッスンの最後に3週続けてやると、チャンツを最後まで覚えさせることができます。

     

    (7)チャンツを練習する。

    チャンツが言えるようになったら、クラスの前で発表してもらいます。その都度、ミニブックかテキストにスタンプを押します。子供がスタンプを集めるためにチャレンジし続けることが、定着率アップに繋がります。

    Page Topへ