コミュニティ

スーパー英語教師うるとらうっち~のてんこもりブログ

新着
カテゴリー
プロフィール
英語教室主宰。英語教師歴30年。幼稚園・小学校・中学校・短大での指導経験あり。執筆・講演・研修もボチボチ。世界11カ国でのホームステイ経験を生かし、厳しい社会を生き抜く知恵と強靱な精神力を養うべく、体育会系のノリで人間教育に日々奮闘。福島の地にゆりかごから墓場まで、笑って暮らせるコミュニティを作るのが夢。「流れ流れ」が口癖のマルチなオバサン。
  • 年齢別商品一覧
  • 英語絵本 Who Stole the Cookies?

    キッズ絵本シリーズ・・・『Who Stole the Cookies?』

    子供達に一番人気がある絵本がアプリコット出版の『Who Stole the Cookies?』です。私もこの絵本が大好きで、幼稚園や小学校で授業をする時は必ずこの絵本を持って行きます。幼稚園で読み聞かせをする時は、最初に日本語を交えながら読み聞かせをします。次に絵本についている付属CDの英語を流し、それに合わせてページをめくって行きます。3回目は日本語バージョンを流しながら、同様にページをめくって行きます。効果音がとても楽しいので、子供達は何度聞いても笑ってくれます。

    小学1年生から6年生のクラスで授業をする時は、足跡当てクイズから入ります。いろいろな動物の足跡を見せて、どの動物かを当てます。クイズをやる過程で、「Whose foot is this?」やその答え方などを、繰り返しインプットします。

    クイズが終わったら、A4サイズの紙を1枚ずつ配り、自分の足を紙の上に乗せて、鉛筆でなぞって足形を取ってもらいます。足形を取り終わった人から一人ずつ前に出て、「This is my foot.」と言いながら自分の足形をクラスに見せ、その紙を教師に渡します。

    全員が終わったら、ビッグブックを読みます。絵本の中で使われている表現は、最初の足跡当てクイズで何度も聞いているので、内容を容易に理解することができます。

    絵本を読み進み、「SHOW ME YOUR FOOT!」まで読んだら、一人一人の足形と、絵本に貼ってある犯人の足形と比べて、犯人捜しをします(事前に教師の足形を犯人の足形のところに書いておきます)。その時、下記のように掛け合いをすると、絵本の巻末についているチャンツの練習になります。

    全 員:  「(子供1の名前) stole the cookies from the cookie jar.」
    子供1: 「Who me?」
    全 員:  「Yes, you.」
    子供1: 「Not me!」
    全 員:  「Then who?」

    犯人の足形に一番似ている人が犯人というオチですが、もし「先生の足も見せて!」と言われたら、素直に足を見せて、自分が犯人であることを認めます。子供らしい子供はそういうベタな展開が大好きです。

    次に、足形の紙を子供達に返し、足形を絵の一部にして思い思いの絵を描いてもらいます。子供達が絵を描いている間はCDを繰り返し流します。そうすることで学習した英語が自然に耳に入って行きます。

    足形アートが完成したら、一人一人クラスの前に出て、「This is my foot.」と言いながらその絵を発表してもらいます。最初は足形を見せることすら恥ずかしがっていた子供達が、みんなの笑顔に後押しされて人前で発表できるようになる。それがこの授業の大きな目的のひとつであり、全てはそのための活動です。

    子供達が関心を持てる題材。子供達が意欲を持って取り組める活動。そして、積極的にみんなの前で発表できる活動。意欲・関心・態度を育てることは、数字で測れる語学力を伸ばすこと以上に大切なことです。

    うっち~の教室映像②

    絵本は子供達の表現力を磨く最高のツールです。『Who Stole the Cookies?』を授業で使ったら、そのままで終わりにしてはいけません。授業が終わったら、子供達に絵本の日本語訳を渡します(絵本のワークブックの巻末に日本語訳がついています)。日本語で上手に読むことができるようになったら、今度は英語で上手に読むことができるよう繰り返し練習をしてもらいます。ただ読めるではなく、常に最高のパフォーマンスを求めることで、子供達の表現力はどんどん磨かれていきます。教室で実際に子供達が絵本を読んでいる映像はこちらです。『Who Stole the Cookies?』 (日本語/3人バージョン)
    http://youtu.be/qYdt_POSk4A
    日本語訳を兄姉3人で分担して読んでいる様子です。英語のお話を暗記させる時は、日本語で上手に言えるようになってから英語を覚えさせるようにすると、表現力が格段にアップします。外国語を磨く前にまず母国語のセンスを磨くこと。それがバイリンガルへの早道です。

    『Who Stole the Cookies?』 (英語/女の子2人バージョン)
    http://youtu.be/WmqePBNvhkI
    女の子2人で絵本を読んでいる様子です。録画は常にぶっつけ本番&一発勝負です。録画するかどうかは仕上がり次第なので、それぞれが家でCDを聞きながらしっかり練習して来てくれます。子供達がお互いに切磋琢磨できる環境を作ること、子供達が大好きな教材を選んであげることが成功の秘訣です。

    詳細はこちら → http://www.apricot-plaza.co.jp/products/40800
    おはなしはこちら → http://www.apricot-plaza.co.jp/sampleaudio/98/ehon_08_story.mp3
    チャンツはこちら → http://www.apricot-plaza.co.jp/sampleaudio/98/ehon_08_song.mp3
    『Who Stole the Cookies?』を使った詳しい指導案は、「はじめてみよう!小学校英語活動」に載っています。

    ◆こちらも合わせてご覧ください!
    ⇒Who Stole the Cookies?の絵本で使う足跡カード・カードを使ったゲーム4選

    Page Topへ