コミュニティ

スーパー英語教師うるとらうっち~のてんこもりブログ

ハロウィンの楽しみ方♪

子供達がクリスマスと同じくらい楽しみにしているのがハロウィン。だからこそ、「え?もうハロウィン?今年は何をしよう?」と頭を悩ませる先生も多いのではないでしょうか。うっち~も今までいろんなことをやって来ましたが、ベスト3は『Trick-or-treating』と『Apple bobbing』と『コスチューム作り』です。

コスチューム作りを楽しみ、『Apple bobbing』で盛り上がり、『Trick-or-treating』で幸せな気分を味わう。それだけでも1時間があっという間に過ぎてしまいます。学年が上がると共にコスチュームもより凝ったものになるので、毎年同じことをやっても飽きることがありません。家から仮装をして来たがる子もいますが、お金で買うより、手作りする方が何倍も楽しいです。皆さんもぜひチャレンジしてみてくださいね。

halloween1  halloween2

 

<60分レッスンの流れ>

最初にHalloweenがどんなお祭りなのかがわかる絵本を読みます。絵本がなければ、雑誌を見せたり、インターネットでHalloweenの様子を見せたりします。コスチューム作りに時間がかかるので、前の週までにやっとおくと良いでしょう。Halloweenの歌や詩を覚えるのも、前の週までにやっておくと、「もうすぐHalloweenだ!」と気持ちが高まります。

次に、コスチュームに付ける飾りを作ります。用意する基本アイテムは、折り紙、色画用紙、ハサミ、ノリ、セロテープなどです。

幼児クラスは、予めイラストなどを印刷しておき、それをハサミで切って貼るだけにすると、時間以内に終わらせることができます。

低学年クラスは、ペーパークラフトの型紙を何種類か印刷しておくと、アイディアが浮かばない子の助けになります。

高学年クラスは、絵本やクラフトの本を机の上に置いておくと、それを見ながら自分で工夫してくれます。

halloween3

子供達が作業をしている間に、教師は一人一人の体格に合わせて、コスチュームとなる黒いポリ袋の首と腕が入る部分を切り取ります(左図)。

首回りは一人一人の頭の大きさに合わせて切ってください。幼児クラスは教師の手が空く時間がほとんどないので、事前に切り取っておくと良いでしょう。

黒いポリ袋を受け取ったら、飾りをセロテープで貼ります。凝り過ぎて時間以内に終わらない子もいるので、途中で強制終了してもいいように、出来上がった順からひとつひとつ貼らせるようにします。

レッスン終了20分前ぐらいから、Apple bobbingをやります(下の写真参照)。事前に人数分のリンゴ、水の入ったバケツ、ブルーシート、タオルなどを用意しておきましょう。

 

halloween4 - コピー

レッスン終了10分前ぐらいから、Trick-or-treatingをやります。キャンディーやチョコレートなど、小さくても数が多い方が子供達は喜びます。

最後に記念撮影をして終了です。

halloween7 - コピーhalloween6

【補足】
コスチュームとなる厚手のポリ袋のサイズは、高学年は45リットル、低学年は30リットル、幼児は20リットルを目安にしてください。45リットルしか手に入らない時は、カットしたり、ギャザーを付けたりしてください。黒いポリ袋は非常用グッズとしてホームセンターなどで売られています。単色の色画用紙や折り紙は文房具専門店に置いてあります。近くにお店のない方はネットショップで探してみてくださいね。

Page Topへ