コミュニティ

スーパー英語教師うるとらうっち~のてんこもりブログ

新着
カテゴリー
プロフィール
英語教室主宰。英語教師歴30年。幼稚園・小学校・中学校・短大での指導経験あり。執筆・講演・研修もボチボチ。世界11カ国でのホームステイ経験を生かし、厳しい社会を生き抜く知恵と強靱な精神力を養うべく、体育会系のノリで人間教育に日々奮闘。福島の地にゆりかごから墓場まで、笑って暮らせるコミュニティを作るのが夢。「流れ流れ」が口癖のマルチなオバサン。
  • 年齢別商品一覧
  • バレンタインデーは英語の歌“♪Skidamarink a doo”で盛り上がろう!

    うっち~スクールはとってもカジュアルなので、ほとんどの生徒が自分が好きな人のことをあっけらかんと話してくれるのですが、中には恥ずかしくて好きな人の話なんて絶対できないという子もいます。レッスンの最初に「今日は好きな人にバレンタインカードを書きます。」なんて言おうものなら、「イヤ!」「やりたくない!」と即答されてしまいます。
     
    子供は自分が発した言葉をなかなか取り消すことができません。そのままレッスンの最後まで意固地になっておしまいなんてこともよくあります。そんな子が出ないようにするには、余計なことは言わずにほんわかとした雰囲気の中でレッスンを進めながら、子供達の気分を徐々に盛り上げていくことが大切です。
     
    うっち~がバレンタインデーのレッスンですることは次の3つです。

    ① バレンタインデーがテーマの絵本を読む
    ② 英語の歌“♪Skidamarink a doo”を覚える
    ③ バレンタインカードを書く

     
    ①と②で十分盛り上がってから③のバレンタインカードを書くようにすると、恥ずかしがり屋の子も周りに釣られてバレンタインカードを書いてくれます。以下、それぞれの活動について詳しく説明して行きます。
     

    ① バレンタインデーがテーマの絵本を読む
    うっち~がレッスンの最初にするのはバレンタインデーがテーマの絵本を読むことです。この記事の最後にある動画の中で使っているのは、とびだし絵本“Love Bugs”のバイリンガル版 『むしむし愛ラブユー』 です(どちらもタイトルをクリックするとAmazonの商品ページに移動します)。普段と違った優しい声で読み進むと、子供達も次第にバレンタインデーモードになってくれます。
     

     
    ② 英語の歌“♪Skidamarink a doo”を覚える。
    次に“♪Skidamarink a doo”を覚えます。
     
    ★音声はこちらで視聴できます(mp3ファイル・1分28秒) ⇒ “Song – Skidamarink a doo”

     
    うっち~がやっている歌の練習方法は下記の通りです。

    1回目:
    ポスター1を見ながら曲を聴く。教師は子供達が文字が読める読めないに関わらず、文字を歌に合わせて指して行く。

    2回目:
    ポスター2を見ながら黄色いハイライトの部分だけ歌う。この時、“I love you.”が「アーイラーブユー」とカタカナ発音にならないように、[l]の子音を長め言うことや、[v]の摩擦音をしっかり出すことに注意を向けさせる。

    3回目:
    ポスター3を見ながら黄色いハイライトの部分だけ歌う。

    4回目:
    ポスター4を見ながら黄色いハイライトの部分だけ歌う。

    5回目:
    ポスター5を見ながら黄色いハイライトの部分だけ歌う。この曲の中では“underneath the moon”が一番言いにくいので、チャレンジとして練習し、スラスラ言えるようになったらスタンプを押す。
    ★チャレンジについてはこちらをクリック ⇒ チャレンジタイムの効果
    6回目:
    ポスター6を見ながら黄色いハイライトの部分だけ歌う。

    7回目:
    ポスター7を見ながら黄色いハイライトの部分だけ歌う。

    8回目:
    ポスター8を見ながら黄色いハイライトの部分だけ歌う。

    9回目:
    ポスター1を見ながら最初から最後まで歌う。

    10回目:
    振りを付けて最初から最後まで歌う。

     
    ★歌の振り付けはLearning World BOOK 1のTeacher’s manualに載っています。
     


     
    ★下記ポスターのダウンロード(PDF)はこちらから ⇒ “♪Skidamarink a doo”ポスター
     

     
    ③ バレンタインカードを書く。
    次にバレンタインカードを書きます。カードの上に好きな人の名前、下に自分の名前を書きます。空白部分には好きな言葉やイラストを自由に書きます。
     
    ★下記カードのダウンロード(PDF)はこちらから ⇒ “バレンタインカード”

     
    以上がうっち~スクールのバレンタインデーのレッスンですが、Learning World BOOK 1を使っているクラスでは、生徒用テキストp.63に“♪Skidamarink a doo”が載っているので、その歌詞のところに上手に歌えた分だけスタンプを押してあげるようにします。
     

     
    最後に、「うっち~はなぜ毎年バレンタインカードを書く活動を続けているか?」ということですが、それは、改訂前のLearning World BOOK 1を使っていた時に、バレンタインカードを書く活動で、子供達が普段とは全く違う姿を見せてくれたからです。
     

     
    え?好きな人の名前を教え合うってこんなに子供達をおしゃべりにするものなの?
    え?好きな人の名前を教え合うだけでクラスってこんなに明るくなるものなの?
    え?好きな人の名前を聞いただけで教師と生徒の距離ってこんなに縮まるものなの?
     
    その感動を味わうために、うっち~は今年もバレンタインカードを書く活動を続けています。
    みなさんもぜひやってみてくださいね!
     
    【レッスン動画】『バレンタインカードに好きな人の名前を書く活動』

    てんこもりブログの過去ログ検索はこちら
    ⇒ 【児童英語教師専門チャンネル】 うるとらうっち~情報館

    Page Topへ