コミュニティ

スーパー英語教師うるとらうっち~のてんこもりブログ

新着
カテゴリー
プロフィール
英語教室主宰。英語教師歴30年。幼稚園・小学校・中学校・短大での指導経験あり。執筆・講演・研修もボチボチ。世界11カ国でのホームステイ経験を生かし、厳しい社会を生き抜く知恵と強靱な精神力を養うべく、体育会系のノリで人間教育に日々奮闘。福島の地にゆりかごから墓場まで、笑って暮らせるコミュニティを作るのが夢。「流れ流れ」が口癖のマルチなオバサン。
  • 年齢別商品一覧
  • 養成講座って何?

    皆さんは養成講座を指導経験が浅い人や指導がうまく行かない人が受講するものと思い込んでいませんか?

     

    実はうっち~も最初はそう思って受講を躊躇していました。当時すでに20年近い指導経験がありましたし、アメリカの大学で勉強したこともありましたし、国内の研究会にも頻繁に参加していたので、そんな必要はないと思っていたのです。

     

    でも、アメリカで学んだのは「理論」だけ。セミナーやワークショップで学んだのは「実践」だけ。「理論」と「実践」を同じ先生から学んだことはなかったので、勉強のつもりで参加しました。

     

    行ってビックリ!受講生の中にはベテランの先生が何人もいらしたのです。英語教師としてもっとレベルアップしたい。新しい指導法を身に付けてもっと成果を上げたい。他の先生と切磋琢磨することで英気を養いたい。そんな思いを持った人たちが何人もいて、正直、最初は腰が引けました(苦笑)。

     

    でも、グルーピング活動で、「あっ、私も一緒!」と急に隣の人に親近感を覚えたり、「え~そんなのが好きなの~」とみんなで笑ったりしているうちに緊張がほぐれ、あっという間に和気藹々の雰囲気が出来上がりました。

     

    養成講座恒例の「Akikoさんの物語」を作る頃には、楽しいを通り越して悪乗りするグループまで現れ、抱腹絶倒。昨日まで見知らぬ人が仲間になり、いつの間にか友人になってしまう、その演出とそれをレッスンに生かす技量の高さには、脱帽するしかありませんでした。

     

    理論を学び、理論的裏付けのある指導をして来た実践者だからこそ伝えられる知恵や技術。「おもろい」を追求する大阪のおばちゃんだからこそ作れる楽しいアクティビティ。「なるほど~」と思う度、「レッスンでもそうすればいいのよ」と言われ、「そういうことか!」とみんなで納得。参加者同士が同窓生のように仲良くなれるのも、養成講座だからこそ。先日開催されたAPRICOT Mates Meeting(9/21大阪、9/23東京)でも、「久し振り~」「元気~」という声があちこちから聞こえて来ました。

     

    理論を学び、理論を生かし、楽しいだけでは終わらないレッスンが出来る教師になりたい方。指導案を求めるのではなく、指導案を書ける人になりたい方。これまで以上に成果を上げ、確かな手応えを感じられるレッスンを組み立てたい方。英語教師生活を楽しみ、人生を楽しみたい方。そんな方はぜひAPRICOTの養成講座を受講してみてくださいね。そこで何かを掴むことが出来たなら、うっち~や仲間達がそうだったように、あなた自身が輝き出すかもしれませんよ。

     

    ★APRICOT 児童英語教師養成講座お問合せは0120-489-991へ今すぐ!

    Page Topへ