コミュニティ

スーパー英語教師うるとらうっち~のてんこもりブログ

”4線ホワイトボードシート”を使うと英語を書くのが楽しくなる!

毎年、新入生が入って来ると、「今年はどうやってアルファベットを覚えさせようか?」と思い悩むうっち~。鉛筆を持った途端、「はぁ...」とため息をつく子がいると、他の子のやる気も失せてしまいます。
「めんどくさーい!」「つまんなーい!」「やりたくなーい!」と言い出す子がいると、なかなか進まないので時間ばかりかかります。かといって適当に進めてしまうと、適当な文字を書くようになってしまいます。
 
何事も最初が肝心!アルファベットを丁寧に書く癖を付けさせたい!
 
そう思って諦めずにじっくり時間をかけて教えているのですが、教室に入って来る頃にはすでに書くことが嫌いになっている子も多く、結構四苦八苦します。
 
でも、今年、ある備品を買ったら、これまでより遥かに短い時間で!遥かに効果的に!読み書きを教えることができるようになりました!
 
その備品とは、e-APRICOT”で購入した“4線ホワイトボードシート ¥4,700(税抜き)
 
裏面全面がマグネットになっている、4線が書いてあるシートタイプのホワイトボードです。
 
「ちょっと高いな...」と思って買うのをためらっていたですが、今では「なんでもっと早く買わなかったんだろう!」と後悔する程、楽しく楽ちんにアルファベットを教えられるようになりました。
 
4線ホワイトボードシートはここがいい!

● 裏が全面マグネットになっているので、ホワイトボードにそのまま貼れる。
● 71㎝×56㎝なので、テーブルの上に置いて使うことができる。
● 重みがあるので、テーブルの上に置いて使う時にズレない。
● イレーザーでひと拭きするだけで消せるので、紙に書かせるよりも時間短縮になる。
● 他の子が見ているので、書き順や書く場所を間違えずに書こうとする。
● 子供はホワイトボードが好きなので、飽きずに書いてくれる。
 
4線ホワイトボードシートの使い方
 

教師が書き方を教えたり、生徒が前に出て書いたりする時は、ホワイトボードに貼って使います。

 
書き順をチェックしたリ、読み方を教えたり、よりきめ細やかな指導をする時は、テーブルの上に置いて使います。

 
アルファベットを書いたら、それをホワイトボードに貼ってゲームをすると、書くことがさらに好きになります。

 
4線ホワイトボードシート多読教材を視写させる時も大活躍!
 
多読教材は、最初は読んだり、内容を理解することに重点を置きますが、アルファベットが書けるようになったら、書く分量を少しずつ増やしながらノートに書かせます。
 
この時、最初からノートに書かせると、書き方を間違っていても、教師はなかなか気づくことができません。でも、ホワイトボードシートだとすぐに間違いに気付くことができますし、子供もホワイトボードが大好きなので、最後まで飽きずに書いてくれます。
 
APRICOT Springboard Level 1を読んでいる小学1年生。

 
↓文字が書けるようになったら多読教材を視写に使います。

 
大人はよく「書くのが好きな子」「書くのが嫌いな子」という分類をします。でも、文字を書くのが最初から好きな子はいません。逆に、書くのが嫌いな子もいません。
 
書くのが好きかどうかは、初めて文字を書いた時にどういう雰囲気だったか。その時にどんな感情が湧いたか。その感情に対してどんな行動を取ったか。それらの記憶が大きく左右します。
 
だからこそ、嫌いになりやすいことは楽しい雰囲気の中で楽しく教えることが大事なのです。
 
子供達はホワイトボードが大好きです。子供達にとってホワイトボードはキャンバスであり、ホワイトボードマーカーは子供達にとって絵具や色鉛筆のようなものです。
 
「使ってみたいけど値段が高すぎるよなあ...」と諦めるのか、子供達にもっと楽しく英語を教えるために奮発するかは、It’s all up to you.です(笑)。

 
4線ホワイトボードシートの購入はe-APRICOTから

Page Topへ