コミュニティ

なかもとと友かな

新着
カテゴリー
プロフィール
ご存じアプリコット出版筆頭著者。 元AIM English Studio (大阪・堺市)主宰。 Learning World series、『キッズ英語絵本シリーズ』等アプリコット出版刊行物多数。 幼児・小・中・高・大学・大人と全年齢層の英語教育実践家で児童英語教師のカリスマ的存在。 APRICOT児童英語教師養成講座講師。Learning World 認定校スーパーバイザー。
  • 年齢別商品一覧
  • Vol.21 “All work and no play makes Jack a dull boy.”    2015 年8月

    このコーナーのエッセイを読み返していると、半分くらいは仕事の話ではなくバケーションの話だということがわかります。仕事は人一倍真剣にしますが、それと同時にお休みも大好きな私。いい仕事をするには、適切な精神的ガス抜き(ストレスを解消)と心の切り替えを上手にすることが大切だと思っています。

    というわけで、今年も7月半ばから9月初旬まで約2か月間、猛暑の関西を抜け出し北海道ニセコで過ごしています。5年目となると知り合いも増え、お食事会やパーティーへのお誘いも多くなり、この地に集まってくるさまざまな職種の方々や、以前さまざまなお仕事についていらしたリタイア族のみなさんとおしゃべりを楽しんでいます。

    新鮮な野菜や果物を食しながら、PC, Skype, Drop box を駆使しながら仕事ができるのは、コンピュータ社会に感謝感謝です。

    niseko melon      niseko-rainbow nakamotosensei

     

    ニセコ在住のイギリス人のJさん夫妻とはもう5年来のお友達です。昨年、彼らは倶知安に英会話教室をオープンしました。ニセコは冬になるとオーストラリアをはじめ、世界中からスキーヤーが集まり、人口の90%以上が英語を母国語とする人や英語を媒体としてコミュニケーションをとる人たちになります。 したがって世界中からのお客様を迎える観光業に従事する人は英語を話さなければ仕事になりません。英語でコミュニケーションをとれる人がより良い仕事に就くことができ、より高い報酬を得ることができます。その意味では、英語をsecond language として教えることができる、日本では数少ない英会話スクールの一つかもしれません。

     

    世界基準から大きく取り残されている日本の英語教育。ともかく、まず教える側がその基準に追いつかなければならないとTeacher’s Training の重要性を説くJ さん。 「東南アジアと比べても、日本の英語の水準は決して高いものではありません。ベトナムやタイ、マレーシアの方がよほど良い英語教育をしていますよ。日本の一番いけないところは、英語教育の世界スタンダードを日本流にアレンジしてしまうことです。」ごもっとも。 能力テストもTOEFL や IELTS (アイエルツ) のような Global standard ではなく、日本で開発された英検、TOEIC、大学の入試問題のようなもののが基準になっています。日本の英語の試験は、ネイティブの人達にも難解で、それを作成した先生の授業を受けた生徒にしか解けない不思議なテストです。これを基準にしているから悪い?

     

    地元のさまざまな国の人達との興味深い話、ニセコに住んでいる外国からの友人の話、日本中からやってくる定年以上、老後未満のリタイア族の人達との楽しいおしゃべり、トレッキング、おいしいものめぐり、道内旅行と2か月足らずのニセコ休暇はあっと言う間に過ぎていきます。

    「僕も北海道の山々を登っています。中本先生の所に行くから、おいしいものを食べさせてー!」と元生徒のK君からメールが来ました。あまり遊んでばかりいるから監視するため(?)アプリコット出版の新井氏ももうすぐやってきます。

     

    脳も野菜もフレッシュが一番!?

    今、おいしいトウモロコシをかじりながら、この原稿を書いています。(Excuse me!)

    Vol.20 日本人の英語運用能力があがらない理由    2015年5月

    現在、京都ノートルダム女子大学とアプリコット出版主催の「児童英語教師養成講座」で児童英語教育の教育法の講義を持たせていただいています。 両者とも講義の初日に必ず行うことがあります。 養成講座を受講された方はもうお分かりだと思いますが、「なぜ、中学、高校と6年間、少なく見積もって中学校で310時間 (週3回50分授業42週×3)、高校では400時間くらい英語を勉強しているのに、どうして日本人の英語の運用能力が上がらないか」を受講者全員でブレインストーミングするのです。

    児童英語教育のワークショップでは、明日の授業で使うことが出来るゲームや歌を紹介することが多いですが、私は、日本の英語教育が効果を出していない原因を理解せずに、児童英語教育を始めても仕方がないと思います。少なくとも高校3年終了時の具体的な目標を持たず、「小学生だから、楽しく英語で遊びましょう」という現在のカリキュラムでは、日本人の英語運用能力の向上は望めません。

    話題を戻しましょう。ブレインストーミングは、皆さんの実際経験した身近な例を積み上げ、分類し、分析するKJ法を使います。 なぜ、KJ法を使うかといいますと、この問題(英語運用能力が身につかない)は、その原因をみんな頭ではわかっていても、それがなぜか机上の空論になり、実際の英語教育の改善に反映されてきていないからです。できるだけ本当(Authentic)の、身近で具体的(pragmatic)な例を集めて、そこから受講の皆さんに英語教育の問題点と改善法を具体的に理解していただきたいのです。KJ法は小さなポストイットの紙に、なぜ英語が使えないのかの具体的な例を1行にまとめて、1人20~30例を書いていただきます。1行にまとめる理由は、2行以上になると1つ1つの例の焦点がぼけてしまったり、複数の例をまとめて書いてしまったりするからです。例えば「英語の先生が嫌いだった」「英語の先生の発音が下手だった」「英語を話す機会がなかった」「書き換えテストが嫌い」「単語のスペルテストがいやだった」「なぜ、勉強するのかがわからなかった」などです。これをグループで持ち寄り、例を分類し、分析します。その後作成したポスターと共に発表していただきます。

    DSC00254 DSC00263 DSC00274

     

     

    「なぜ、日本人の英語運用能力が上がらない理由」の分析の結果をまとめると大体どのグループも次のようになります。

    社会的側面:

      • 必然性に対する認識が薄い
      • 多言語社会ではない (話す機会が少ない)
      • 具体的且つ実質的な到達度の指標がない

    情意的側面:

      • 積極性に乏しい
      • 英語を話すことに対するやっかみ
      • 人と違った事を言う(する)ことに消極的
      • 自分の意見を持たない、または表出しない
      • 自分の意見を発表する訓練が行われていない
      • 異なるものと共存する環境でない

    教育的側面:

      • 教師の英語運用能力が低い

    教授法的側面

      • 言語ではなく教科
      • 日本人講師が作る日本人生徒しかわからない試験問題
      • 使う必然性のないパターンプラクティス
      • 場面が生徒の生活に則していないダイアログ
      • 目的の解からない書き換え問題
      • 長文読解と呼ばれる部分訳

     

    そして、この一つ一つの問題をどう解決していくか、児童英語教育はどうあるべきかを具体的にお話し、実践することで、私の児童英語教育論が始まり、国際語としての英語、つまり英語を話す機会が少ない環境での英語教言語教育の具体的提案、その時の教師のあり方、到達度評価のあり方などに発展していきます。

    今回、このエッセイで何故このテーマで書いたかといいますと、たぶん日本人全員が従来の英語教育では英語運用能力が身につかないことは承知しているのに、依然として機械的なダイアログ、文、単語の暗記のみの授業があまりにも多いことにうんざりしているからです。 暗記のさせ方にどれだけ遊びが入っていても、暗記は暗記だけです。もちろん言語教育にはinputが重要な役割を担っています。しかし、そのinput だけが重要視されてきた結果が、今の「運用力の低さ」につながることがどうして、わからないんだろう。。。。。。。。。。。。。。。

     

    【追記】2015年6/20、21の2日間、東京駅近くの会場で「養成講座」が開催されました。上の写真はその時の様子です。前年度同様、最初は緊張の面持ちでお集まりになった先生方も、グループワークや2日目のランチ懇親会で一気に打ち解け、Akikoさんのタスクでは渾身の演技?を見せてくださいました。 (by 養成講座係)

    Vol.19 WELCOME ”PINK” のAchievement Targets作成にあたって  

    Learning World シリーズは、みなさんご存知のように「到達度評価」 を採用しています。

    「到達度評価」とは、車の免許のように、「縦列駐車ができた」「坂道発進ができた」と、一つ一つの技術を個人が習得し、課題を達成していくもので、人と比べる「相対評価」とは異なります。他人はどうであれ自己内の進歩に重点を置いた評価で、これは言語教育には必須のものです。

    Learning World シリーズでは、この到達度の課題を大きく2つに分けています。

    1つ目はテキストの中の機能を重視した文やチャンツの暗唱ができているかどうかの評価です。

    もう1つは、それぞれの機能を持つ語句や文を使って自分のことを言えるかどうかの評価です。


    Book 3 
    の過去形を例にとって説明しましょう。Unit 9-1A と2Aの過去形のチャンツを暗唱することができ(課題10) なおかつ、「昨日私がしたことを5つ言うことができます」(課題7)という課題も必要テキストであることは、皆さんもよくお分かりだと思います。 (⇒⇒ Book3のAchievement Targetsはコチラから)

    ちなみに、高学年用のCHANTS for Grammar のAchievement Targets (一番最後のページに掲載)では、課題の難易度を先生自身が決めることができるようにしています。

    このAchievement Targets(これだけできるようにがんばろう)のページは、Learning World シリーズのWELCOME to Learning World PINK (3~5歳対象の教材)以外の全巻に入れています。テキスト1冊を終えた時の到達度を示すことによって、生徒にも保護者の方にも学習の成果を可視化することができ、指導者も自分の教え方の反省する機会を与えてくれます。

     

     

    さて、今回、WELCOME to Learning World PINK book にもAchievement Targets がほしいというご要望が多かったため、新たに作成することになりました。 (2015年4月)

    w_l_world_pk

    ここで、なぜ、今までなかったのかについて説明しましょう。幼児の言語活動における発達段階の大きな特徴のひとつに、「聞いたままの音をそのままreproductionすることができる」ことがあります。拙著 『実践家からの児童英語教育法』「解説編にありますように、Canal and Swain (1980) が、コミュニケーション能力をGrammatical Competence(文法能力)、Discourse Competence (談話能力)、Sociolinguistic Competence (社外言語的能力)、Strategic Competence (戦略的能力) の4つの能力に分けて、文法能力の中に言語の構造、語彙、発音に関する知識が含まれているとするのに対して、幼児は、(大胆にも?)、英語の意味がはっきりと理解できなくても、大人に比べて完璧にreproductionできるので、音声能力を別に考えるべきだというのが私の考えです。

    ですから、幼児に英語を教える時は、Authentic (実際に起こっている事象と密接につながりを持つ)に教えるべきで、その意味がはっきりしなくても、また、英語の一文字一文字がはっきりしなくても、英語特有の発音、リズムができていればOK、一つ一つの歌やチャンツ、会話文を個別で発表することまで目指さなくても、お父さんやお母さん、先生、クラスのみんなと動作を付けたり、ダンスをつけたり、ゲームをしながら、または日常生活の中の実際の場面で楽しく言えればよいと考えています。

    著者の希望としましては、WELCOMEの PINK book は、養育者の方と一緒に学んで、お風呂に入る時や、パジャマを着る時、お片づけをする時など、一緒にチャンツや歌を歌いながら生活の中で覚えていっていただきたいのです。

     

    LWPINK_ATarget0001

    今回新たに執筆したAchievement Targetsでは、敢えて先生、お父さん、お母さん、おばあちゃんと一緒に動作を付けて歌えることを目標としました。

    付録のHang-in-there (部屋ごとの身の回りの語彙チャート)は、語彙の習得ですので、 できるだけ多く覚えるように指導してください(なるべく実物の中で)。 会話文は、あくまでも場面の中で使ってください。会話文だけを取り出して暗記することにあまり意味を見出せないので、あえて、Achievement Targets からははずし、生徒用CDにも音声を入れていません。

     

    ★★★PINK book ”Achievement Targets” はコチラからダウンロードできます⇒  PINK_A.Targets

    ★★★PINK bookの商品詳細ページはコチラから

     

     

    WELCOMEシリーズ3冊(幼児対象)は、英会話のクラスだけでなく、ご家庭で養育者の方と一緒に学べるように構成しています。評価を厳しくするよりも、楽しく一緒に学ぶことが大切です。なお、学生低学年対象のクラスでYELLOW book をご使用の場合は、指導書ではなく『30 Lesson Plans for Young Learners』 の方がレッスンプランとしては使いやすいと思います。

    Yレッスンプランs

     

    Vol.18  ぴらぴらと編集会議      2015年4月

    現在、私は週に1度だけ大学で教えていますが、たった週1度でも、春休みになると解放感があり嬉しいものです。おまけに大学の春休みは長い!! 前々回に書きましたように、大学に後期の成績を提出し、アプリコット出版、編集長の新井氏と3日間のバトルを終え、アメリカ、メキシコの旅行に出ました。帰国後間もなく、私の尊敬する青木昭六先生と仲間達で行っている英語教育勉強会の春の1泊遠足があり、その後、またまた、脱稿したはずの原稿にいっぱい付箋をくっつけて東京から新井氏がやってきました。新しいテキストが出版されるまでには、著者の私以外にデザイナー、イラストレーター、英語担当の編集者、native のスタッフ、音楽編曲及び製作担当、録音ディレクター、印刷担当と大勢の方が関わっていて、多くの時間がかかります。企画会議から始まり、執筆しながらも、より良いものを作るために、私と編集長のバトルは延々と続くのです。新井氏とは、ラーニングワールドシリーズをはじめ、絵本シリーズや『実践家からの児童英語教育法』と、もう20年以上、二人三脚で制作、出版していますので、お互いに相手を攻略する術を知り尽くしています。

    敵 (新井氏)は、私の大事な原稿にいっぱい付箋をぴらぴらつけて、東京から意気揚々と私の執筆場所の兵庫県芦屋市にやってきました。「先生!ここの記述がおかしいです」「この例文をもう少し短くしてください。でないと紙面に入りません」「この部分は確か、前ページにも出てきましたよ」「ここはもう少し噛み砕いてだれにでも理解できるようになりませんか」と攻めてきます。気の弱い私は、一応はすべてのぴらぴらに抵抗を示すものの、ひどく傷つくのです。

     

    そんなある夕暮れ、私は彼女をちょっと素敵なイタリアンレストランに誘いました。大型クルーザーが何隻も停泊している芦屋マリンハーバーのクラブハウスの中にある最近お気に入りのレストランです。沈みゆく太陽に照らされるクルーザーを見ながらのテラス席でのワインと食事、でも、ロマンチックな気分には程遠く、「これからまだ夜は長いですよ。食後も仕事を続けますよ!」「ワインの2杯や3杯で仕事ができなくなるなんてプロじゃないよ。はっはっはっ!」とお互いを牽制しあうこと2時間。結果、仕事場に戻り、仕事を再開してから最終バスが出るまで、アルコールが回ったのかますます饒舌になる新井氏は、ぴらぴらを振り回し、私を責め続けました。機嫌よくホテルに帰っていった彼女を見送った私は、新井氏に指摘された懸案事項が気になって酔いもふっとんでしまい、翌朝、新井氏がまたやってくるまでに、指摘された箇所をすべてrewrite したのです・・・

    「ええっ?先生、朝早くから書いてくださったんですか。ありがとうございます」と神妙な面持ちでお礼を言う新井氏。でも私はその陰の「ふふふ、やればできるじゃん」という不敵な笑みを見逃しませんでした・・・。そんな中、溜飲が下がったのは、私の愛犬が飼い主の敵とばかりに彼女の前でおしっこをしたことでした。でかした!カプチーノ(愛犬の名前)。

    次作、ラーニンワールドシリーズ“Bridge”(仮称) を乞うご期待!

    その後、元生徒達と一緒に1泊4日(!!)の驚くべきグアム旅行をこなし、私の春休みは終わりました。

    芦屋レストレン画像   2014 151

    Vol.17 ”脱immature” 英語教育編   2015年3月

    「脱immature 英語教育編」を書くにあたって、immature の意味をCambridge Advanced Learner’s Dictionary で調べてみました。
    not behaving in a way that is as calm and wise as people expect from someone of your age:

    このage というのは日本国内の同年代というより、国際的にみた同年代と考えてください。
     
    自書の実践家からの児童英語教育法(2003年初版発行/アプリコット出版) に、鈴木孝夫先生の御著書『日本人はなぜ英語ができないか』から引用させていただいた文があります。(pp.6-7)
     
    「したがってこれからの外国語教育は、何よりもまず日本人としての、自分の借りものでない意見や考えを外に向かって外国語で立派に言える人、日本に固有な事情を外国人に説明して、しかも相手を説得できる人を養成する、外向きで積極的な発信型へと重点を移す必要があります。これができて初めて日本人は英語が上手だと言われるようになるのです。 それと同時に、日本語で書かれた各種の情報を素早く、しかも大量にいろいろな外国語に翻訳して海外に出せる体制を、国家としても、また大学としても急速に整えることが絶対必要です。」
    そして次のように締めくくっていらっしゃいます。
     
    「さてこのような目的にむかって学生を指導できる外国語の先生が今何人いるでしょうか」

    4899910509
    この本は1999年に初版が発売されました。今から16年前です。16年間の間に日本の英語教育、英語教師は改善したでしょうか。
     
    英文法は確かに必要です。しかし、意味のない書き換えや一部訳の繰り返しでは、英語という言語の構造は学ぶことができても、それを国際的な場面で使うことはできません。
    こういったことを書くと、「“自己主張の強い、相手を言い負かす子供”を育てるつもりですか」といった誤解を受けることがあります。そうではなく、自分の明確なな意見を持ち、それに責任を持ち、相手の立場を理解した上に相手を説得する力(相手に理解してもらう力)が大切なのです。
    では、児童英語教育の段階で何を教えていく必要があるのでしょうか。同じく『実践家からの児童英語教育』に次のように書いていますので、参考になれば幸いです。
    「外国人講師が日本の子供達に英語を教えてまず驚くのは、自発的に発話する子供があまりに少ないことです。沈黙が続き、ただひたすら順番が次の人に移ることを待っている子供達が大多数です。この沈黙が「答えが解らない沈黙なのか、講師の質問の意味がわからない沈黙なのか、考えている途中なのか、講師と話したくない沈黙なのか、授業を受ける気が無い沈黙なのか、全く理解できない」と外国人講師はとまどいます。この、子供達にとって最初ともいえる国際の場の奇異に見える状況を打破するには、英語力如何の問題以前に、授業の中での心得が大切です。

     
    日本の子供達に徹底すべき「コニュニケーションのための心得」
    1. 沈黙はゆるさない。 I don’t know. I am thinking. I don’t understand. I forgot. などを使って表現すること

    2. 理解できないのは個人の責任である
       ・理解できないことがあれば、どこが解らないのか自分で考えること
         ・理解できないことがあれば、必ず質問すること
            What is… in Japanese? What does it mean?
             講師は質問のない時は全員理解しているものとみなす。

    3. クラスの全員に聞こえる大きさの声で話すのは話し手の責任である

    4. 聞こえない時、「聞こえないと」言わないのは聞き手の責任である
           (この時、丁寧な言葉を使うことは言うまでもありません)
           “Once more, please.” “(Will you say it again in )louder (voice) please.”

    5. 手を挙げるときは、相手(指導者)がはっきりとわかるように手をあげること
          自らの意思表示がない時(生徒が手を上げない時)は、あててほしそうな顔をしたり、
          目で訴えても、指導者はその子をあてない

    6.評価は「自己内評価」及び「到達評価」でおこない、人とは比べない

    7.自己の到達度を生徒自身に把握させ、自己責任を持たせる

    8.人の答え(発言)を尊重すること。たとえ間違った答えや意見であっても笑うことは許さない
     
    これらの事項が指導者と学習者の間に信頼関係があって初めて成り立つことは言うまでもありません。怖い先生ではなく、厳しいけれどしっかりとした理念と子供達に対する愛のある先生になりましょう。普段の授業の中でこれらの心得を積み重ねていくことが、国際社会でコミュニケーションをおこなう上で、ほぼ単一民族からなり、お互い甘えあっていても社会が成り立つ日本人の不利な点を改善していくことにつながるのではないでしょうか。子供達をmature にしたいと願う毅然とした態度が必要です。
     
    『実践家からの児童英語教育法』 という本は、私が英語教育の目的を「国際的に活躍する人間の育成」とし、その手段の分析を通して児童英語教育の範囲で具体的に何をするべきか、何が無駄なのかをまとめたものです。「理論からの実践」ではなく「実践から生み出された理念とその理念に基づいた実践集」です。幼児・児童英語教育がただ単なる「英語のお遊び」で終わることがないように願っています。

    Page Topへ