会社案内

会社概要
所在地 〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町18-7 小網ビル4F
商号 アプリコット出版株式会社
代表取締役 山口 靖
会社設立日 1959年 (昭和34年)10月31日 ※アプリコット出版株式会社の名称では、2009年(平成21年)3月1日
事業 書籍、教材の出版、販売(児童英語教材・CD、DVD、CD-ROM、日本語教材・日本文化紹介書ほか),教師養成講座、研修会の実施
電話 03-3660-5120(代表)
0120-489-991(お客様専用)
FAX 03-3660-5121
ホームページ 公式サイト:http://www.apricot-plaza.co.jp
アプリコット出版ショッピングサイト:http://e-apricot.net
加入団体等 JASTEC(日本児童英語教育学会)、JASELE(全国英語教育学会)、JES(日本小学校英語教育学会)、社団法人日本書籍出版協会
主な得意先等 書店取次店、各県教科書供給所、教材販社、国内及び海外の教育機関、英会話学校、一般読者卸販売先

取次店 日販/トーハン/日教販/大阪屋/中央社/栗田出版販売/日本出版貿易 ほか
教材販社/代理店 Kids Mart/ Nellie’s/AK Books/ MACS/ Royal Books/ Mikasa Book Center/ タワーレコード/ 新日本教文/ 日本教材出版/ 朝日教育社 ほか約100社
英会話学校/一般家庭塾 約12,000件
学校関係 幼稚園、私立・公立小学校、公立中学校、高等養護学校、高校、大学等 約500校
取扱品目 自社開発商品のほか、マクミラン・エデュケーション・オーストラリア社、ケンブリッジ大学出版局、等の商品を一部取扱っている
取引銀行 みずほ銀行日本橋支店/ 商工中金本店/ りそな銀行新都心支店

沿革

1959年(昭和34年)、「株式会社杏文堂 出版事業部」として発足。1995年(平成7年)1月、「株式会社杏文堂 出版事業部」を分離。グループ会社のいくつかの事業部を統合し、 「株式会社アプリコット」設立。2009年(平成21年)3月、「株式会社アプリコット」から出版部独立。新会社の名称を「アプリコット出版株式会社」としてスタート。

出版事業および指導者支援事業

1959年、株式会社杏文堂にて、各種印刷・広告用物品の製造販売に並行して、書籍・雑誌の編集並びに出版を行う事業部を組織する。1973年3月、家庭塾の児童英語教師を中心とした研究グループ、「ABC研究会」を立ち上げ、教材開発を開始。以来40年にわたり児童向けの英語教育教材を中心とした出版活動を展開。1980年3月、日本で唯一専門的な分野である「日本児童英語教育学会 JASTEC」発足に寄与。国内の児童英語教材の出版社のパイオニアとして、さまざまな英語教材を開発。現場教師のニーズを的確に捉えた教材開発が特徴で、1973年当初から一貫して教材の著者陣の条件には「現場で英語を教えていること」を第一に置いている。野上三枝子先生、五島忠久先生をはじめ児童英語の偉大な先駆者達の著作物を刊行後、1994年、中本幹子先生を筆頭著者に擁立。 1995年、Learning World シリーズの礎となる Book 1, 2, 3 刊行。この後、約8年の月日をかけて延べ100種類を超える Learning World シリーズ各アイテムを出版。 2000年には、より自由で楽しい英語教材を実現するため、「キッズ英語絵本シリーズ」発刊。 以降、現場の多様なニーズを基に教材開発を継続し、2013年6月現在、総出版点数は約350点にのぼる。

オリジナル教材の開発・出版を主業務とする一方で、子ども向け英語教育に有益な優良コンテンツとのコラボレーション企画として、DVD制作 (FOXインターナショナル・チャンネルズ社)、リーダー教材の輸入販売 (マクミラン・エデュケーション・オーストラリア社)、英語体験プログラム案内 (キッザニア) 等も手掛ける。

指導者サポートの一環として、ワークショップ、集中セミナー、児童英語教師養成講座などのイベントを定期的に開催。2012年、「Learning World 認定校制度」を設立。教室内外の英語教室の支援を開始。語彙力アップのための「英単熟検」ほか、教室運営の一助を担って活動を開始。

Page Topへ