Community

アプリコットだより

アプリコットだより

Learning World シリーズ ヒストリー

アプリコット出版は、1995年発刊スタートの Learning World シリーズ と、2000年から始まる 『キッズ英語絵本シリーズ』 、同じく2000年にリニューアルした大人気の歌教材 『NEW Let’s Sing Together』 によって、“こども英語はアプリコット”の礎を築いてきたといわれています。
そのきっかけを作ったLearning World シリーズ や 『キッズ英語絵本シリーズ』はいつ刊行されたのか?その歴史をご紹介!

95年 ・・・ 小学生用  Book 1, Book 2, Book 3

シリーズの根幹となる3冊を発刊。大阪・堺市在住の中本幹子先生を著者に大抜擢。実際に日本の子供達に英語を教えているnative のスタッフを含め、コースブック制作プロジェクトがスタート。「幼児期はどの教材を使っても大丈夫。でも小学校に入ってからは教材によって成果が全然違う」 との中本幹子先生のお話を受けて、小学生用の全4巻シリーズ構想だった。

96年 ・・・ 幼児用  WELCOME to Learning World YELLOW

同シリーズで幼児向けもほしいという声を受け、Book 4 (当時はBook 4として最終巻を出す予定だった)刊行をストップ、絵と音声中心の幼児用テキストを編纂。「500名の生徒から学んだ」という中本先生のアイデア満載の絵本のような幼児向けテキストを出版。WELCOMEと命名し、ラーニングワールドシリーズにおける幼児向けのネーミングが確定。(当初WELCOMEはこの1冊だけの予定だったため、後に98年にBlue bookができるまで表紙にYELLOW の文字がなかった)

97年 春 ・・・ 高学年ビギナー用  READY for Learning World

小学校高学年の英語学習ビギナーのための1冊目のテキストとして発刊。(高学年用ビギナーテキストは業界初。日本の子供達の現状を考えるとこの本の需要の高さが納得できる)「WELCOMEの高学年版」READY は、words欄あり、国際理解あり、友達同士の学校生活を描き、初の場面シラバス教材として誕生した。

97年 秋 ・・・ 幼児用 WELCOME to Learning World BLUE

96年発行のWELCOME to Learning World YELLOW は発売当初から大好評で、収録されている歌やチャンツの定着率に驚嘆の声をあげる先生が多かった。同レベルの本がもう1冊ほしいの声が急増。BOOK 1を使う前に五感を使って英語を体得させたいという先生方のご要望が強く同じ体裁のもう1冊を発刊。しかしYELLOWの評価が高すぎたのかBLUEは使う先生によって好みが分かれている?

98年 春 ・・・ 中学生向け 最終巻 Learning World for Tomorrow

BOOK 3まで使い終わり「次の年のテキストはいつ発刊ですか?」の声が多くなってしまい、これもまた必要に迫られて最終巻 Tomorrow 発刊。WELCOME2冊を使った後のBOOK 1, 2, 3の定着は明らかに良くなっており、「児童英語教育をちゃんとやってたら、これくらいはできるようになるんですよ」が実際に実証できるようになった。プロジェクトスタートから4年でようやくシリーズ完結(関係者が集まって全7巻完結パーティーも開催したのです)。

2001年 春 ・・・ ヨチヨチ歩きのこどものためのWELCOME PINK

「早期に英語を始めた場合1冊足りない!」の声が消えず・・・WELCOMEの3冊目となるPINK BOOK発刊。“ママのお膝で親子で英会話”が可能にし、「おうちの中で何度も言える表現」が朝から夜までの会話で盛り込まれた。「英語は耳から。身体から」の考えで3,4歳向けに採用されているが、実際には日常英語満載のためか、このテキストを小学生クラスに使うスクールもあり、会話力がグンとあがるとの声もあり、本当に現場の先生のアレンジ力に脱帽!?

2001年 秋 ・・・ 「ちゃんと文法、チャンツで文法」のためのテキスト刊行

この半年後、2001年秋に、高学年~中学生向けの補助教材としてCHANTS for Grammar 発刊。Learning World Book 2, Book 3 収録の珠玉のチャンツを中心に、34のチャンツとダイアログ、それに呼応するパターンプラクティスと、ちょっとした自己表現が見開き2ページに収められた。音声はオトナの声で収録しなおした。「こどもは習ったことを忘れるのが普通」を前提に、何度でもスパイラルに復習と思わせないで定着を図れる便利さが受けている。*ただしカラー印刷ではないため、紙面が寂しいの声も多数?予算の関係でお許しいただいております…

2008年12月・・・ Learning World Book 1, 2 Second Edition

1995年に発刊された小学生のためのテキスト、Book 1, 2, 3について、words欄を設け、カラー教具を使う活動を増やし、著者、中本幹子先生がめざす英語教育をより効果的に実践できるためのrevisedバージョンを刊行することを決定。2008年、Book 1, 2 2nd Editionを発刊。初版発行から14年目、「満を持して」の刊行となった。

2009年11月・・・ Learning World Book 3 Second Edition

高学年用のBook 3の改訂版を刊行。英検対策を意識した「CD付ワークブック」や「生徒用CD」を安価におさえることなど、初版刊行当初に決定した基本理念はすべて踏襲したが、文法事項を見直すと共に、コミュニケーション活動を各レッスンに入れることを実現。WELCOME PINK, YELLOW, BLUE終了後、Book1, READY, Book 2, Book 3とシリーズ各巻を継続して使い、スパイラルに、より成果を出すことができるテキストとなった。

おまけ:2014年 X月・・・ 旧版Book 3販売終了予定。
先生方の負担を軽減するため、テキスト改訂時の「移行期間」を長く設定し、Book 1, 2は2011年まで1st , 2nd Editionの両方を販売。2011年12月末をもって、1st Editionの販売を終了した。Book 3は2009年~2014年まで1st , 2nd Editionの両方を販売する予定。
(2014年、在庫が切れるタイミングで、1st Editionの販売は終了となります)

キッズ英語絵本シリーズ ヒストリー

~10 Stories to Develop Children’s Basic English Skills~      全巻CD付

2000年のミレニアムの年に、より自由に、楽しく英語を小さいお子さんにインプットし、レッスンでも拡張できる英語絵本をめざして、キッズ英語絵本シリーズを発刊。 英語の「ことば」と、子どもたちのさまざまな「こころ」の両方を大切に考えた、中本幹子先生著作のシリーズの歴史は・・・?

2000年10月・・・ Vol.3 Pal the Parrot / Vol.4 A Teddy Bear 同時発売
  • Vol.3 Pal the Parrot
    (Bobのおうちにオウムがやってきた!待望のペットですが、困ったことにそのオウムは・・・)
  • Vol.4 A Teddy Bear
    (だれかに捨てられていたテディベア。1人の女の子が見つけて・・・)

記念すべき最初の2冊。当時、著者の中本幹子先生はWELCOME to Learning World PINK book執筆中であったが、「構想はもうできていて、頭の中にあるストーリーを紙にうつすだけの作業だから早いと思う」というお言葉通りの完全原稿だった。このシリーズ制作にあたり、アプリコットは英語教育に適したオリジナルのフォントを10種類開発。アルファベットのa, gの書体が教育的であり、ストーリーのイメージに合う書体を自由に印刷できるよう準備した。なお、Vol.4のA Teddy Bearは今もシリーズ売上TOP 3に入る人気の絵本となっている。

2000年12月・・・ Vol.7 My Pet/ Vol.8 Who Stole the Cookies? 同時発売
  • Vol.7 My Pet
    (もしもぼくがペットを飼うとしたら・・・どんな動物がいいかなあ)
  • Vol.8 Who Stole the Cookies?
    (ある晩、大切にしていたクッキーが盗まれた!)

Vol.7のMy Petは著者、中本幹子先生が愛犬との公園のお散歩中に口さんだ歌が絵本の歌に。「歌の歌詞がそのまま絵本の英語になっている」ため、「1, 2歳児でも使える」というママからの喜びの声をたくさんいただいた。”If I had a pet”(仮定法!)で始まるが、「もしもぼくがペットを飼ったなら」のフレーズが子ども達の言いたいことにマッチし、1歳半~小学生まで、幅広く人気を博した。
★制作エピソード★ この絵本制作時から、著者の中本幹子先生はオリジナルのメロディが浮かぶとすぐに編集部に電話をし、作詞作曲した歌を歌って聞かせ、それを受けて編集部が聞いたままのメロディを楽譜におこすという作り方が定着しましたが、1度聞いただけでは音がとれず(!?)、その後は留守番電話で対応するようになったとか・・・。

2001年12月
  • Vol.2 A Beautiful Butterfly (いつかぼくもきれいなチョウになるんだ!)

ちょうちょの絵本としては世界で愛されているエリックカールの絵本が有名。本シリーズでは基本語彙のカテゴリーとして「色」と「食べ物」にフォーカスしたが、著者、中本幹子先生は大切なメッセージとして、「美しい」の概念から自己肯定力を育む絵本を作り上げた。なお、この絵本シリーズは全巻エコパルプを使用していたが、Vol.2は「色」を忠実に再現するため発色の良い用紙を選び、バナナやリンゴの色がおいしそうに見えることを目指した。この絵本もシリーズ売上ベスト3の常連となっている。この絵本のイモムシの声を担当した戸田ダリオさんご自身もお気に入りの1冊。

2002年6月
  • Vol.1 Tiny Boppers (ピンク色の丸い生き物が跳んだり跳ねたり・・・)

2002年にようやく第1巻目を発刊。この絵本シリーズは各巻の言語学習テーマを10巻すべて決めてあったため、Vol.1は「数」を扱うとしながらも楽しくページをめくっていける紙面構成と絵の完成に時間を要した。丸くて小さくて、得体のしれない生き物を主人公とする案は第1稿から変わっておらず、タイトル名にはTeeny-bopper (特に若いティーンエイジャーの少女)をもじって、Tiny Boppers(とても小さくてピョンピョン跳ねる元気な生き物)とした。ジャスミン・アレンのキュートなナレーションが好評。

2003 年5月
  • Vol.5 Our Sweet Home
    (一見だれもいない広い原っぱですが、小さな生き物が息づいていて・・・)

中本幹子先生が愛犬達と広い公園をお散歩しながら五感で感じた「小さな生き物たち」との出会いが絵本に。
「前置詞」「季節」「自然のいろいろの場所」を絵で読み進めることができる絵本となった。四季を表す風景画や生き物たちのいる風景の絵にはかなりの時間を要し、デザイナーとイラストレーターは腱鞘炎のため交代で整体に通いながらの仕上げとなった。

2004年5月
  • Vol.6 Me Myself (主人公テリッサがいろいろな自分の姿を語ります・・・)

本文最後のページにはハート型にくり抜いた鏡を貼り、実際に「自分を映し出して」自己と向き合うことをカタチにした。この絵本を読み聞かせた後、その時の自分と向き合い、「わたし、・・・・してしまって、悪い子でした、ごめんなさい」と、自分に向き合い素直になって泣き出した生徒がいたという報告が全国から複数寄せられた。大人でもじんわりとさせられる内容で、特に女性に人気?の1冊。

2005年7月
  • Vol.9 What Can You Do? (きみは何ができる?鳥は?へびは?タコは?人間は?)

いろいろの動物のおもしろい特技をcanを使って紹介する絵本。9巻、10巻目は小学校低学年を主なターゲットにするのではなく小学校高学年の知的好奇心を鑑み、動物のみならず、人間のできることへと展開していく内容にすることで幅広い年齢層で読める絵本をめざした。今ではこの絵本は助動詞can の学習でよく使われる絵本となっている。

2006年3月
  • Vol.10 What’s this? (これはなんだろう?「カーペット」?「ブロッコリー」?「サンゴ」?・・・)

「本当にわからないものを見てこそ聞く」時に使うWhat’s this? をテーマにした絵本となった。
単なる語彙を各ページにちりばめて絵カードを本の形に綴じた絵本ではなく、必ずテーマがあり、著者からのメッセージを絵で伝える絵本として、言語的にも内容としても幼児、小学生だけでなく中学生にも最後の絵は記憶に残る体裁をめざした。

2006年6月・・・ Vol.1 ~Vol.10 の絵本ワークブック 全10冊刊行

絵本10巻刊行記念に、絵本全巻のワークブックを刊行。絵本を読みっぱなしにしないためのワークで、小学校低学年以上の子どもたち向け。
絵本に出てくる語彙や表現と絵を結んだり、色をぬって確認することができるようになった。
最初のページには「この絵本でならうこと」、最後には「絵本の日本語訳」を入れて絵本の内容や学習内容がより理解できるようになった。

★営業だよりも見てね!

Page Top