コミュニティ

スーパー英語教師うるとらうっち~のてんこもりブログ

働く意味って何ですか?学習する意味って何ですか?

自分で言うのも何ですが、うっち~は馬鹿が付くほどお人
好しです。お人好しというより、サービス精神が旺盛です。
1日24時間。体は1つ。それを忘れてあっちの人にもこ
っちの人にもサービスしようとするので、ついついオーバ
ーワークに陥ってしまいます。

人間の個性を12匹の動物に当てはめて、さらにキャラク
ター別に60分類する動物占い(“個性心理学”)で見ても
らったら、「“サービス精神旺盛なコアラ”ですね。サービス精神旺盛ゆえに、八方美人的に振る舞って、疲れ果てるタイプです。」と言われてしまいました。「そのまんまじゃねーか!」って感じです(笑)。

この“てんこもりブログ”の原稿も、ポイントだけ書いてさっさと送れば良いものを、初心者でもわかるように、できるだけ詳しく説明しようとするものだから、2枚が3枚になり、5枚になり、気付くと10枚を超えることもしばしばです。そのうち、「これじゃあいくらなんでも長すぎるな。言葉で説明するより動画を入れた方がわかりやすいよな。」と考えます。

 

思い立ったら即実行がうっち~の習性なので、レッスンを撮影するためにすぐに追加レッスンをやります。撮影した動画はそのままアップするわけにはいかないので、それを何時間もかけて2~3分にまとめます。しかし、そのままだと意図が伝わらないので、さらに何時間もかけてキャプションを入れます。それをYouTubeにアップして、ブログ原稿に動画のサムネイルを入れます。そして、原稿を半分以下に減らします。そこまで手を加えると、内容的にはかなりわかりやすくなります。

 

しかし、しかし、しかしですね。ここで不思議なのが人間の心理です。書き上げた原稿を見てうっち~が味わうのは、達成感でや満足感ではなく、失望感なのです。「おー、分かりやすくなったじゃないか。早速アップして皆さんに喜んでいただこう!」と思うのではなく、なぜか唐突に、「無駄にした時間や労力は一体何だったんだ?」と思い始めてしまうのです。
 
失望を感じ始めたら、もはや一行も書けません。原稿の見直しをする気にもならないので、そのまま放置することになります。ほとぼりが冷めた頃に再び原稿に向き合っても、一度味わった失望感は消えません。ネタを変えて別の原稿を書き始めても、「どうせこの労力も無駄になるに違いない。」と思ってしまって、最後まで書き上げることができません。

 

そんな状態が続くと、「私には能力がないに違いない。」と思い始めます。「これ以上迷惑をかけたら相手に申し訳ない。」という罪悪感にも苛まれます。責任を感じて頑張ろうと思っても、義務感しかないので何も思い浮かびません。
 
ところがです。ふとしたきっかけで近しい先生を誘って勉強会を始めたら、びっくり仰天!文字が浮かぶなんてものではありません。原稿を書けずに苦しんでいたのが嘘のように、そこからうっち~の怒涛の書き込みが始まりました。たった数人のプライベートな勉強会なのに、レッスン・アイディアをシェアし合ったり、先生達の悩みに向き合ったりしているうちに、言葉が堰を切ったように溢れ出して来ました。

 

早朝から深夜まで、時を忘れて思考し、文字を打ち込んで行くことのなんと楽しかったこと!
たった1ヶ月の期間限定ではありましたが、紙上セミナーのような勉強会は、お互いに学び合い、刺激し合い、とても充実した時間となりました。

 

そこで、うっち~は疑問に思いました。原稿料が頂ける仕事は全くはかどらないのに、1円にもならない勉強会に打ち込めたのはなぜだろう?内輪の勉強会にあって“てんこもりブログ”にないものは何だろう?

 

行動経済学者ダン・アリエリー氏は、著書『不合理だからうまくいく』の中でこう書いています。

 

「何かをするのが好きな人たちを集めて、意味のある仕事条件に置けば、仕事をすることで得られる喜びが主なけん引役をなって、自ら進んで労力を費やすだろう。ところが、仕事に同じだけの情熱や意欲をもっていても、意味のない仕事条件に置かれると、仕事から得られるはずの本源的な喜びが、いとも簡単に失われることがあるのだ。(中略)仕事の喜びをやる気に変えられるかどうかは、自分の仕事にどれだけ意味を見いだせるかに、大きくかかっているようだ。」

 

SNS上では、リアルタイムで先生方の反応を知ることができます。常にお互いに励まし合っているので、意欲が低下することもありません。しかし、このてんこもりブログは、出版社を介しているのでフィードバックがありません。多くの先生方に読まれているにもかかわらず、その先生方の存在をうっち~は全く知ることができません。

 

一人っきりの部屋で、一日中パソコンの前に座って、顔の見えない相手のために原稿を書いて、その労力のほとんどを無駄にしていることのなんと空しいこと!そんな気持ちが失望感を生み、その失望感が執筆意欲を完全に失わせていたのです。
 
アリエリー氏は自身の執筆活動についてこう書いています。

 

「ブログ投稿や、論文やこのページの執筆を含め、わたしが生活の中でやっていることの大部分は、自分の労力と、読者が自分の文章に見つけてくれるかもしれない意味とを結びつけようとする、エゴの動機に駆り立てられている。読み手がいなければ、こんなにがんばろうという気にはなれないだろう。」

 

「人間のモチベーションは複雑で、『金のために働く』といった、短絡的な関係に集約することはできないということだ。仕事の意味が労働に及ぼす影響や、労働から意味を奪うことの影響が、わたしたちがふつう思っているよりも、ずっと強力だということを、理解してなくてはいけない。」
 
労働意欲というものは、結局のところ、誰でもなく、自分自身が、自分がやっている仕事にどれだけの意味を見い出せるかなのだと思います。

 

同じことは子供達の学習についても言えます。子供達は英語のゲームで勝つためなら必死で英語を覚えてくれます。でも、その学習に「ゲームに勝って嬉しかった。ゲームに負けて悔しかった。」程度の意味しか見い出せなければ、学習意欲はいずれ低下して行きます。

 

うっち~はレッスン中によく子供達に質問をします。幼児クラスでもいろんな質問をして、幼児達にいろんなことを考えさせて、いろんな話をさせるようにしています。
 
「みんなは何のために英語の勉強をしているの?」
「ぼくはね、大きくなったらね、外国でサッカーしたいの。」
 
「先生は何のためにこのビンゴゲームをやっていると思う?」
「文字を見て英語が読めるようになるため!」
 
「先生は何のために大きな声で発表できるまで合格にしないんだと思う?」
「みんなの前で恥ずかしがらないで話ができるようになるため!」

 

そうやって、幼児の頃からひとつひとつの活動の意味を確認しながらレッスンを進めると、「今日は英語がたくさん覚えられた!」「今日は英語が上手に言えるようになった!」「〇〇ちゃんはこの前より声が大きかった!」など、勝敗とは関係のないところに学習の意味を見い出すようになります。
 
労働者にとっても、学習者にとっても、モチベーションを上げるために必要なのは意味

 

うっち~が失望感に苛まれた日々は、うっち~に様々な気付きをもたらし、うっち~を教師としても、人間としても、大きく成長させてくれました。

 

今、うっち~スクールに通っている子供達の目は、これまで以上にキラキラと輝いています。そして、
うっち~自身も20年前の元気を取り戻し、「毎日楽しくてしょーがねー!」と感じています。

 

そんなパワーアップしたうっち~に会えるのはいつかというと、
それは、6月3日に品川で開催される2018 APRICOT Mates Meeting 5周年記念パーティーです!
当日は北海道から九州まで80名近いMateの先生方が集結するそうですよ。
なんだかとっても楽しみですね。
それでは、パーティーに参加されるMateの皆様、当日会場でお会いしましょう!

 

<2018 APRICOT Mates Meeting 5周年記念パーティー会場>
〒108-0074 東京都港区高輪3丁目13
アクセス 品川駅⇒高輪口⇒品川グース1F⇒ガーデンシティ品川⇒披露宴会場「グリーンウインド(会場が変更になりました!)

 

◆この記事で紹介した行動経済学者ダン・アリエリー氏の情報です。
↓↓↓英語が学べる動画サイト デジタルキャストはこちら

★TED日本語 – ダン・アリエリー: 仕事のやりがいとは何か?(日本語字幕付き)

 

★ダン・アリエリー氏のTEDスピーチの一覧はこちら
★ダン・アリエリー氏の公式サイトはこちら
★ダン・アリエリー氏の著書「不合理だからうまくいく」はこちら
 
◆てんこもりブログの過去ログの検索はこちら
◆うるとらうっち~のレッスン動画はこちら

★2015.5.31「Learning World 活用術」セミナー後記

 2013年~2014年にかけて開催した毎月のLearning World セミナーは、ダブル台風に地震に雷に大雪と、東京に行くのが怖くなるほど荒れ女ぶりを発揮したうっち~でしたが、今回も2日前には口永良部島の噴火、1日前には小笠原諸島西方沖を震源とする震度5強の地震と、お約束のような展開となりました(苦笑)。でも、5月31日当日の会場内はいつも以上に和気あいあい。今回アシスタントとして連れて行った現役高校生が、飾らないお茶目な姿を見せてくれたおかげで、終始笑いの絶えないセミナーとなりました。

 

セミナーでもお話ししましたが、今や英語はYouTubeやアプリを使って学ぶ時代です。YouTubeを使えば、レッスンを受ける気分で英語を学ぶことが出来ます。アプリを使えば、英語をゲーム感覚で学ぶことが出来ます。英会話から英検まで、ジャンルも選び放題の時代です。しかし、使い手となる人間そのものが育っていなかったら、英語は何の役にも立ちません。

 

人間対人間のコミュニケーションができる力を育てること。人間対人間の関係をうまく築くことができる力を育てること。英語と同時にそうした力を育てることが、英語の使い手を育てるということであって、それはYouTubeにもアプリにも出来ないことです。

 

私塾がなくても英語が学べる時代だからこそ、私塾の先生には「人間教育」に力を入れて欲しい。うっち~はそう願っています。それは、時間と手間と根気の要るとても大変な作業です。でも、同時にとてもやりがいのある仕事でもあります。

 

レッスン映像を通して紹介した生徒たちも、最初からあんな風に、はっちゃけているわけではありません。子供を笑わせたり、じっくり話を聞いたり、時間をかけて信頼関係を築き、手間暇かけて鍛え上げたその陰には、涙なくしては語れない努力の積み重ねがあります。そして、その努力を惜しまなかったからこそ、今の幸せがあるのです。

 

涙あり。笑いあり。後悔あり。満足感あり。様々な思いを味わえるからこそ人生なのです。その人生を彩ってくれるのが目の前にいる子供達です。そんな子供達の未来に貢献できる仕事が出来るなんて、こんな幸せなことはありません。

 

参加された方も、参加されなかった方も、誰のためでもなく、自分のために、子供達と共に充実した人生を歩んでくださいね。流した涙の数だけ、きっと幸せな未来が待っていますよ。

 

また、会場で皆さんにお会いできることを楽しみにしています。 See you soon!!

5.31ブログ用

インタビューゲームで「俺、あっちの先生とも話して来る!」と楽しげに会場内を駆け回った高校生アシスタント(左端)は、「ベテランの先生たちが一生懸命勉強している姿を見て、俺も頑張ろうと思いました!」と、今まで以上にやる気になってくれました。相手をしてくださった先生方、ありがとうございました!

【お悩み相談室より】★学習年数の違う子を同じクラスに入れることの是非

【質 問】  4月に中学生になった4人の生徒は英語学習歴が1年~6年という差がありますが、私の都合上、一つのクラスにまとめました。良かったのだろうかと思います。何かアドバイスがありましたらお願いします。

 

この世は格差社会です。学校にいる時は学力によって格差が生まれ、社会人になれば能力によって格差が生まれます。学校にいる時は点数に一喜一憂しますが、社会に出てから必要とされるのは『社会人基礎力』です。

『社会人基礎力』とは経済産業省によって定義された「職場や地域社会の中で多様な人々と共に仕事を行っていくうえで必要な基礎的な能力」のことで、「前に踏み出す力(アクション)」「考え抜く力(シンキング)」「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力の総称です。  (経済産業省サイト http://www.meti.go.jp/policy/kisoryoku/ 参照)

ucchi kawanosensi ANS-2(クリックで拡大できます)

こうした能力を子供の頃から身に付けさせるには、格差のあるクラスで切磋琢磨させるのが一番です。うっち~スクールでは学習年数や上位下位関係なく、30年前から同じ学年の子は同じクラスで学んでもらっています。「出来る子は出来ない子を助けながら、自力で前に進んで行きなさい!」「出来ない子は助けてもらうことを当たり前のことと思わずに、自分なりに努力しなさい!」「会社に入ったら、嫌いな人と仕事をしなければならないこともあるんだから、好き嫌い関係なく、共に学べるようになりなさい!」・・・そんな言葉をかけながら、クラスをひとつのチームとして機能させることを目標にして来ました。

 

もちろん、教える側にとってはこれほど大変なことはありません。根気も要ります。我慢も要ります。でも、そうしたクラスで育った子は、社会人になっても、他を助け、他と協力しながら仕事ができるようになるはずだと信じて来ました。学力差があろうがあるまいが、子供を本気で育てようと思ったら、苦労があるのは当然です。でも、どうせ苦労するなら、未来に繋がる方を選択すれば良いのです。一番良くないのは、教師自身が不安になることです。

すでに決めてしまったのですから、とにかく信念を持ってやり続けてみてください。「大変だったけど、これで良かったんだ」と思える日が必ず来ますよ。Hang in there!!

 

Learning World シリーズを使ったクラス編成については、こちらも参考にしてくださいね。

【お悩み相談室より】★クラスを統合する時のテキストの選び方 ⇒⇒こちらから

教室    2015-20

 

 

Matthew先生のWORKSHOPに参加しました!

3月8日(日)に東京で開催されたアプリコット出版のワークショップには、北は北海道、南は九州まで、全国から80名近い先生方が参加されました。私も一参加者としてマシュー先生のレッスン映像を見せて頂き、とても良い刺激を受けました。

matthew-seminarbyUcchi ucchi-2

マシュー先生は世田谷区という激戦区の中で成功を収めている数少ない教師の一人です。他のスクールとの一番の違いは、英語のスキルだけでなく、コミュニケーション能力を身に付けさせることに力を入れていることです。生徒が発話しなければならないアクティビティをたくさん取り入れ、生徒が声を出すのをじっくり待ち、意味のある英語を自分の力で話せるように、様々な工夫を凝らしています。Learning Worldシリーズの他にSpringboard シリーズなども取り入れて、読み書きの指導にも力を入れています。授業はもちろんオールイングリッシュで、宿題(=生徒用CDを聞いてくる)もあります。その確固たる姿勢が保護者からの熱い支持に繋がっています。

 

マシュー先生と私は10年以上の付き合いです。私はマシュー先生から自分に足りない部分を学び、マシュー先生も私からいろんなことを学んでくれています。会うと必ずお互いに「勉強になった。ありがとう。」と言葉を掛け合います。マシュー先生と私のいる場所では地域性が違います。求められているものも違います。スクールの方針も違います。レッスン時間も違います。だから、マシュー先生も私もお互いのやり方が違うのは当たり前だと思っています。でも、私のセミナーに何度も足を運んでくださった方の中には、二人のやっていることがあまりにも違うので、困惑していらっしゃる方が何人もいました。

 

私がマシュー先生を強力に推薦する理由は、指導力があること、結果を出していること、説得力があることはもちろんですが、同じLearning Worldシリーズを使ってもこれだけ違うということを1人でも多くの方に知ってほしいからです。私がブログを書き、レッスン動画を公開し、セミナーをやることで、Learning Worldシリーズの教え方が固定化してはいけない。先生の数だけ教え方があっていいということを知ってほしい。そう思ったからです。

 

マシュー先生と私が言う「違う」はあくまでも「different」であって、「wrong」ではないのです。それをwrong かright かという短絡的な見方をしてしまうと、必ず行き詰ります。Learning Worldシリーズを長年使っていらっしゃる方の中には、私たち二人と全く違う教え方で結果を出されている方が何人もいらっしゃいます。教師一人一人個性が違います。能力も違います。語学力も違います。生徒の質も違います。同じようにやろうと思っても、同じ結果が出るとは限らないのです。そういったことをわかった上で、いろいろな指導者のセミナーを受講して、それぞれの先生から「良いとこ取り」をしながら「自分流」を作ってほしい。それが私の願いであり、マシュー先生の願いであり、Learning Worldシリーズの著者である中本幹子先生の願いです。

 

マシュー先生のオールイングリッシュのセミナーは英語のブラッシュアップにもなります。日々のレッスンのアイディアもたくさん頂くことが出来ます。生徒との関わり方を見直すチャンスにもなります。大阪と東京でのセミナーが終わり、残るは3月15日(日)の名古屋だけとなりました。ご都合が付く先生は、この機会にぜひマシュー節を聞きに足を運んでみてくださいね!

 

 ★Learning World WORKSHOP in NAGOYA  3/15(日) 12:00 OPEN ! 詳細はコチラ

展示ブース1 nintei-1

クリエイティブ・ライティングはここから始まる!

 

アプリコット出版のこども用英語テキストであるLearning Worldシリーズが他社のシリーズと違うのは、自己表現活動としての クリエイティブ・ライティング がたくさん取り入れられていることです。

 

シリーズ最終巻であるLearning World for Tomorrowには、「自分が市長(Mayor) になったつもりで街を紹介する活動」(下記画像)や、「自分が月へ行く生徒として選ばれた理由を発表する活動」や、「自分が野生動物になったつもりで一日を紹介する活動」など、視点を変えて自分を見つめる活動がてんこもりで入っているのですが、それができるのも、シリーズ全巻を通して、自分の中にあるものを自由な発想で表現し続けているから。

 

逆に言えば、クリエイティブ・ライティングの基礎が身に付いていない子供にとっては、Learning World for Tomorrow はハードルが高すぎるということになります。

mayor1 mayor2.

 

下の画像はLearning World Book 1 に入っている、「This is my funny face.』(面白い顔をつくろう!) という活動です。従来の固定概念をとっぱらってあげると、子供達は表現することにどんどん嵌って行きます。

child1 child2 child3

千里の道も一歩から!

子供をクリエイティブ・ライティングの達人にするためにも、小さい頃から自由に表現することの喜びと楽しさを十分に味あわせてあげてくださいね。

Page Topへ