商品案内

  • 年齢別商品一覧
商品紹介
    4線に打て~る
    • PCソフト
    ISBNコード:978-489991-3122
    商品コード:20120

    税込価格 3,780円

    「文字が書けない、読めない」生徒達に、先生自身が自由にプリントを作成できる!

4線付きワークシート作成ソフト。4線にピッタリ合うフォントを開発!
ワークシート作りがラク~にできる!
保存もできるから、一度作れば何度も使える!
文字が書けない、文字が読めない、スペルの練習が必要…そんな、文字指導、語彙定着、文章力をつけたい生徒をお持ちの先生におすすめです。

『4線に打て~る』 6大特長
  1. 教育的な文字でワークシートが作れる(a, g. l, tなど)
  2. ブロック体、筆記体を選べる
  3. 語彙テストも長文読解問題も作れる
  4. 4線の幅、段数は3段階に変更可能
  5. タテ長、ヨコ長どちらもプリントOK
  6. 太字、斜体、11色の色付けOK
どんなテキストや教科書でもOK!
  1. 単語や文を書く練習も!
  2. 会話文を読む練習も!
  3. ストーリーを読んだり…
  4. 質問に答えさせたり…
  5. テスト作りも!
  6. 穴埋め問題もできる!

※絵やイラストを出すことはできません。
※カードは作成できません。

パソコン環境
  • 【推奨OS】Windows XP、Windows Vista、Windows 7   *Windows 10には対応しておりません。
  • ■必要空き領域:メモリ128MB以上 / ハードディスク128MB以上
  • ライセンス
    1枚のCD-ROMを1台のWindowsシステムでご使用可能。
    1枚のCD-ROMで複数のPCにはインストールできません。ご注意ください。
タテ長、ヨコ長の用紙選択が可能! 段数も選べる! タテ:8段、10段、13段  ヨコ:6段、8段、10段

VOICES
  • 中学の先生(福島)
    10月にすぐ買いました。書けないクラスの生徒には毎回プリントを出しています。このソフトは価格がリーズナブルで、個人で買える安さが良いです。13段の四線の幅がちょうどよく、駆使しています。満足度90%です。残りの10%は、日本語が四線と四線の間に小さく打てれば最高です。値段が2万、3万と高くなってもいいので、是非次はそれを出して下さい。(!!)
  • 英会話学校の先生(世田谷区)
    子ども英語のクラスでは「ペンマンシップ」を毎回作って出しています。2穴あけて、生徒1人1人がファイルに綴じ、自分だけのワークブックが1年後にはできるようにしています。最近、中学やAdultsのクラスに「4線に打てーる」を使い始めたところです。10段と13段が使いやすいです。
  • 塾の先生(新潟)
    「4線に打てーる」はとてもほしいとい思っていた内容です。惜しいのは日本語が打てれば完璧でした。3500円ではそこまでは難しいのだと思いますが、今後に期待?です。 実はワードで打った日本語をコピーペーストはできるとわかり、使っています (不具合が起こる可能性があるので開発される側は保障されてないとのことでしたが、日本語が示せるのはありがたいです・・・)

⇒SOSは 0120-489-991(フリーコール 平日10:00~16:00)へどうぞ。
その場でパソコン画面を見ながらお話しするなど、できる限り対応いたします。

ソフト開発スタッフ M氏にインタビュー!

『4線に打て~る』は、『Flash Cards Maker』や『Penmanship & Check Sheets』に続くパソコンソフトとして開発しました。
「文字が打てるだけでよいので、絵も一切いらないです」のアプリコット出版の甘い(?)言葉に乗せられて快諾したものの、完成への道は長く、次から次へと浮上する問題を一つ一解決していく険しい道のりでした。
最大の問題は、「長文を打てるようにしたい」との希望を形にすること。『Flash Cards Maker』や『Penmanship & Check Sheets』では英語の長さも2行程度でしたが、「何ページにもわたる英文を続けて打てる」となるとパソコン画面とプリント紙面がどうしても一致せず・・・。4線から文字がはみ出したり、余白に何重にも印刷されたり、文字が微妙に重なったり何千枚とプリントを試し試行錯誤すること3カ月。
もしかして、これは何千万という開発費をかけて、ようやく可能になる多大なプロジェクトではないかと不安が頭をよぎりつつも開発を続け、発売にこぎつけました。
価格はアプリコット出版の強い要望を受けて、ぎりぎりまで抑えました。
今回学んだことは、「アプリコット出版編集部の甘い言葉には、気をつけろ!」です。(笑)

Page Topへ