アドバイスBOX

先生方とちょっとチャット

Vol.31  大人数の幼児に教えるTipsや 書籍等あれば教えてください!

年中にWELCOME YELLOW (50分), 年長にWELCOME BLUE (50分)を使っています。1クラス40名で、少人数クラスのように活動ができず苦労しています。カラー教具や指導書は大人数対象で出来ないものが多いです。(最後20分程度アクティビティブックやミニブック等をします)。テキスト・アクティビティブックを持っていますが、CDは個人で持たず、週一レッスンです。大きく2グループに分ける、列ごとにKey sentenceをやりとり、易しい歌をペアで向かい合いジェスチャーつきで歌う等出来ることが限られます。英語に興味のない子もおり、楽しんで何か1つだけでも歌かキーセンテンスを覚えてもらうことを目標にしています。

Learning Worldシリーズ著者、中本幹子先生にお応えいただきました!

先生は子供達を前にすると、つい「教える teach」なければいけないと思いがちですが、幼稚園児の場合、「facilitate」つまり、 子供達の心を開いて、一緒に英語を楽しむことを一番にお考えください。

チャンツや歌を、体を動かしながら歌ったり、danceをしたりして 子供達が英語の時間を楽しむ事を目標にしてください。その中で各テキストを繰り返しながら全ページを暗記することもできます。聴いた音をreproduceする能力に優れている幼児の間に、アルファベットの音をClick in phonics のカード絵本のDVD(abcd Chants)を使って覚えておくと、小学生になった時に随分楽です。

言語習得上の幼児の特徴は「聴いた音をreproduce する能力に優れていること」、「場面で英文を一つの塊として捉えることができる能力」等があります。従ってそれらの能力をうまく利用した活動に、レッスン時間の多くを費やすことが大切です。
幼児クラスでアクティビティブックを使用する際は、文字のスペルを教えたり“塗り絵”の時間になってしまわないように注意しましょう。

◆編集部より◆書籍としては『実践家からの児童英語教育法 実践編AB』に幼児クラスで使えるアクティビティ20種類の紹介があります。その中に、大人数でできる活動7種類、広い場所でおこなう大勢での活動が10種類が紹介されています。
『実践家からの児童英語教育法 実践編CD』p.200 INDEX参照

Vol.24  幼児クラスで「もっと会話をしてほしい」の要望にどう応えたらいい?

WELCOME to Learning World PINK を使っています。クラスには経験のある子とない子がいてレベル差があります。先日保護者から歌とぬり絵ばかりしている。もっと会話をしてほしいと言われました。歌やチャンツは大事と思いますがこれでいいのか不安です。

Learning Worldシリーズ著者、中本幹子先生にお応えいただきました!

幼児は聞いた音をそのまま再生する能力が高く、発音、リズム、イントネーションを自然に身につけることはできます。この能力は10歳頃を境に減退しますので、耳のいい幼児期のうちに英語をできるだけ聞かせることの利点は計りしれません。テキストの歌やチャンツは全部暗唱できるくらいまで繰り返し楽しく練習しましょう。しかし、歌やチャンツを暗記するだけでは、言語になりません。歌やチャンツは歌うだけでなく、動作をつけてその内容を理解できるようにしたり、歌詞の内容をTPRとしてクラス内でどんどん使います。
(例: Put Away のチャンツを、みんなで口ずさみながらおもちゃを片付ける)
WELCOME to Learning World PINK Student Book
(WELCOME to Learning World PINK Student Book “Put Away”のページ)

WELCOME to Learning World の3冊(PINK, YELLOW, BLUE)の授業はなるべくAll English で行いましょう。年齢が高くなるにつれ日本語訳の助けが必要になりますが、幼児、低学年の子供達は英語を意味の塊として場面(動作)に応じて理解します。 All English が最も効果的に使える年齢です。生徒との場面に合った自然な会話やTPRをどんどん使ってください。ダイアログを暗記するというよりも、ダイアログを使って普通に英語で会話をするように心がけましょう。

「ぬり絵に時間をとりすぎない」事は指導の鉄則です。
子供達は英語を習いに来ているのであって、塗り絵をしに教室にきているのではありません。英語を定着させる目的のワークの中で色を塗っている間も、各生徒にその絵に関して英語で質問したり、それに関するソングをバックに流したりするなど工夫をしてください。べったりと塗ると時間がかかるので、斜めの線で色を付けておいて、後はお家でぬってきてもらうようにするといいでしょう。

*参考:保護者へお渡しできる手紙をホームページで公開しています。このお手紙を参考にアレンジしてご活用ください。
>>保護者の方へのお手紙 (「アドバイスBOX内 Learning World シリーズをお使いの方へ」)

Vol.23  ワークブックの○つけ、みなさんはいつしておられるのでしょうか?

『Learning World 1』を使っています。ワークブックの○つけはいつすればいいでしょうか?ワークブックを預かってしまうと生徒は次回のレッスンまでの宿題をできなくなります。1人で教えているので、○つけをお願いできる方もいません。
ワークブックを丸ごと宿題にせず、レッスン内に時間を設けて全員でおこない、子供達が各自残りの問題を取り組んでいる間に、1人1人の机をまわり、前回のページをチェックするのはいかがでしょうか。また「4週目のREVIEWの時間」にそれぞれの子ども達のやりきれなかったところ、弱い箇所を見て回る先生も多いです。早く終わってしまう子どもには4線の『NOTEBOOK』を持たせ、テキストの単語や文章を書くようにしている先生もいらっしゃいます。

Page Topへ