アドバイスBOX

教材選びのコツ

フォニックスの教え方のコツ 「ちょうどいい」教え方

■フォニックスって?

フォニックスとは、アルファベットの「それぞれの文字が持つ音」と「文字の順序の結びつき」を知ることで、「音読能力を高める」のが狙いです。

英語はアルファベットの名前とその音が異なります。例えば、eは「イー」という名前ですが、音は「エ」です。また、「ch」は「シーエイチ」ですが「チ」という音になるように、文字の並び方によって音が異なる場合が少なくありません。

フォニックスとは発音の規則を知ることにより、語彙や文章の読み(音読)を可能にするものです。しかし、もともとは英語を母国語あるいは生活語とする子供達を対象にしているので、外国語として学ぶ日本の子供達に教える際には注意が必要です。フォニックスは多くの言葉を既に習得している(音声で十分なインプットがある)ことで、スペルと音の規則に「気づかせて」学習させるのが狙いです。英語のインプットが十分でない段階で、規則を覚えるために英単語を教えなければならないのは本末転倒です。

 

フォニックスには例外があります。apple とapron は同じaで始まっていますが、読み方が異なります。児童英語でまっさきに習う have は「ハヴ」と読みますが、フォニックスのルールに合わせて読むと「へイヴ」になってしまいます。私は。。。に住んでいます、と言いたい時に使う I live in… のlive「リヴ」もフォニックスのルールでは「ライヴ」となります。残念ながらフォニックスをマスターすれば、全ての単語を正しく読めるようになるわけではありません。

 

■フォニックスを学ぶメリット

音読した“音”を元に、自分の知っている単語に結び付け読むことができる

聞いた単語のスペルを類推し書くことができる

日本語にない英語特有の発音の仕方がわかる

 

フォニックスはネイティブらしい発音だけではなく、読み・書き・辞書ひきなどにも有効です。

 

■フォニックスのちょうどいい教え方

APRICOTの教材を使う場合は次のように使うことができます。

 

1.「アルファベット・トレイン」

「アルファベット・トレイン」のaudioで、聞こえてきたアルファベットのカードを取るなどして英語の名前を覚える練習をしましょう。

アルファベット順ver.に練習した後はアトランダムver.でチャレンジ!

★Alphabet順ver.

★random ver.

2.「abcdアルファベット・ソング」で名前と音をA~Zの歌を通して覚えましょう♪

カードの絵以外に何か知っている単語がないか言わせてみましょう。

3.「abcdカード」をカルタにして音の単語の練習をしましょう

新刊ABC_CardsSet_coverabcCards-2

文字と絵を切り離し3枚のカードにします。アルファベットを読み札にして、音と合った絵を取らせて、取ったカードを読ませます。ゲーム感覚で楽しくやりましょう

4.「abcdアルファベット」の絵本を読んで、ルールを確認しながら文を楽しみましょう

表紙CD付abcdなか

*文字の結びつきを「abcdアルファベット・ソング」のメロディーを使って替え歌で練習しましょう

Consonant Diagraphs(ch,sh,th,ph,wh,ck,ng )

例)c  h  c  h  ch ch ch, tell me words that begin with ”c h”,

     church, child, ch ch ch.

 

 

■順序よく系統だってレッスンをするには

Click on Phonics Teacher’s Handbook に沿って、カードやワークブックを使うと一貫した指導が可能です。

4899910711  clickwork1表紙 clickREADING表紙

アルファベットの名前から短い文の音読まで、ベーシックなちょうどいいフォニックスを学べます。最後には、フォニックス絵本『Cat, Hen, Pig, Fox and Snake, RUN』が一人で読めるようになります。

489991072X.interior01 489991072X.interior02

その他、「多読」の中でフォニックスを導入するのもコツです。多読教材を音読させることで、子供がどこに詰まるか、何が読めないかが分かります。読めない単語があれば随時ルールを提示しましょう。頻出語彙はどんどん読めるようになりますし、スペル力UPが大いに期待できますよ!!

⇒⇒ Click on Phonicsシリーズの商品アイテムコチラから!

あくまでも、先取りしすぎず、ルール学習にどっぷり浸かりすぎないようにご注意を!

多読導入のコツ

日常では本や雑誌、インターネットで情報を収集する際、必ず「知らない」単語に出会います。テキストでは扱う表現をきっちり習熟させる目標があるため、「読む」力に特化した指導には限界がありそうです。その点、「たくさんの本を読む過程で、多くの語彙に出会う」多読は威力を発揮します。知らない単語があっても、その都度辞書で確認するのではなく、絵や写真を参考に単語の意味を推測しながら、内容に興味を持って読むことが大切です。

「読み方のコツ」は、負担にならないよう、簡単なレベルからスタートすることです。

  • 導入は単語の語彙数や文の数が限定されていて、辞書をひく必要のない薄い本から始めます
  • 単文から重文、複文へと徐々に移行する多読教材を「継続して」読み、意味がわかるようになることで、読み力と読む楽しさが身に付きます
  • レッスンの最初に多読タイムを設けて、各自1~2冊読んでいくとよいでしょう

クラスの子供達全員が揃うまでの間に、1冊読めてしまうというお声も届いています。

英語絵本選びのコツ

英語の絵本をレッスンに取り入れると、さまざまな世界の語彙や表現を学ぶことができます。楽しい絵が子ども達を絵本の世界に誘い、絵や効果音が英語の理解を助けてくれます。ストーリーを追う中で内容を理解しながら英語のリズムやイントネーションが身に付くのも魅力です。 絵本はテキストに比べて幅広い年齢層で使えることが多いので、耳のいい、感受性の豊かな幼児~小学生の間にこそ、積極的に取り入れましょう。

英語の絵本を選ぶ時のコツは次の通りです。

  1. 英文はシンプルで、文字が多すぎないもの
  2. 内容にテーマがあり、わかりやすいもの
  3. ユーモアや楽しさがあり、色づかいや絵が親しみやすいもの
  4. ページごとの展開を子ども達と話し合いやすいもの
  5. 音声CDやDVDが付いているもの
  6. 読みっぱなしで終わるのではなく、レッスンに発展できるページがあるもの
  7. 幼児向けのものであれば、ストーリーが長すぎないもの

年齢別・教材選びのコツ

テキストを選ぶ際には英語のレベルや文法、値段だけでなく、以下の点に考慮しましょう。

幼児期の場合

  1. 絵やデザインが目にやさしく楽しいもの。しかも、色・形があいまいでなく識別しやすいものがよいでしょう
  2. 音声教材の質がよいもの。子供達の声で収録されているもの
  3. 歌やチャンツをふんだんに取り入れたリズミカルなもの。そして、その歌やチャンツを使ってアクションのできるもの(幼児は体を動かして遊ぶことが大好きですね)
  4. 量が多すぎないもの(あれも、これもと取り入れるより、簡単にくり返すことのできるものがよいでしょう)
  5. 好奇心や興味の矛先が幼児期のものに合致しているもの。子供にとって身近なものから学び始めることが大切です
  6. 幼児期は好奇心旺盛ですが、集中力の持続する時間は短いので、簡単に楽しくできるゲームのあるもの

小学校3,4年生の場合

  1. 子供達を飽きさせない絵やデザインのもの(学習への動機づけに大切です)
  2. 会話等に自分の身近な話題や話したいことが盛り込まれているもの
  3. 重要事項が1度きりでなく、何度か繰り返し復習できるもの
  4. 量が多すぎないもの(全部やり遂げる達成感も大切です)
  5. インフォメーション・ギャップのある実践的なアクティビティが入っているもの

小学校5,6年生の場合

  1. 稚拙すぎず、難しすぎない、子供の成長の過程に合った題材を取り上げているもの
  2. 歌やチャンツだけでなく、少しまとまった文章でチャレンジさせられるもの
  3. やさしすぎないゲーム、少し難しいものを解決する喜びを与えてあげられるアクティビティの入っているもの
  4. クリエイティブ・ライティングができるもの
  5. 異文化等、自分と異なるものに対する理解を促すことのできる題材が入っているもの

よくある質問

家庭学習として何をやらせるのが一番効果的でしょうか?
忙しい子供達は、あれもこれも強制されることを嫌います。大人から見て「したほうがいいこと」を子供達が「自らやりたいこと」に変えるには、やはりお母様の協力が必要ですが、何よりお願いしたいのはできる限り多くの英語を聞かせることです。十分英語を聞く環境下でこそ、やがて話すようになり、読めるようになり、書こうという気に自然になっていきます。毎日英語を聞く。これを習慣にする家庭とそうでない家庭では、1年もすれば必ず定着に差が出ます。
今は宿題は出せない状況ですが、レッスン以外に英語をやる時間があった方がいいでしょうか?
レッスンの時間だけでは英語の上達は見込めません。英語は生活の中で使う努力をしないと、無理に覚えるお勉強の1つに様変わりしてしまいます。宿題という普遍的な習慣を利用して日頃から英語を聞く。聞いたことを真似て口に出す。このように顔のいろいろのパーツを動かして言葉を体得するのです。それには御家族の励ましや一緒に聞こうという姿勢が大事です。
浮ついたレッスンでは英語は身につかないと思っていますが、具体的に何を目標にしてどんなことに気をつけて教えていけばよいのでしょうか。
レッスンを「ただの英語のお遊び」に終わらせるのではなく、きっちりと「国際的に活躍する人材の育成」と置くならば、「音声教育」「発話教育(コミュニケーション能力の育成)」「国際(理解)教育」という児童英語教育に含むべき3要素をバランスよくカバーすることが大切です。(「実践家からの児童英語教育法 解説編」1章p.18、3章p.66カリキュラム参照)
レッスン1年目はよかったのですが、2年目から何をさせていくとよいのか分からず困っています。
1年間という英語学習暦に加えて、子供達の年齢、発達段階、興味のターゲットなどの違いも関係してくるので、これらの諸事情を考慮することが必要になります。弊社の『実践家からの児童英語教育法』では、レッスン回数と年齢を考慮してA、B、C、Dのグループにわけて、それに伴っておこなう歌、チャンツ、活動をまとめていますので、参考にしてください。(定価 本体8,800円(全3巻・CD2 枚付))
授業で使用するグッズ作りにあまり時間がとれないのですが、簡単に作れる小道具はありますか?
小道具は「とりあえず作った」的な手抜きの物は、子供達にすぐに伝わって嫌われてしまいます。小道具もある意味で丁寧にきれいに作っておくことが大切です。活動や歌、チャンツで使用する物は、時間のある時にまとめて準備しておくとよいでしょう。先生用に大きく拡大したものを作り、ラミネートしておくと耐久性もあり、何度も使えます。弊社のカラー教具アクティビティ・シート集もおすすめです。また、キッズ英語絵本シリーズVol.5,6,9,10のBIG BOOKには巻末の付録がありますので、ぜひご活用下さい。
ネイティブの先生に任せっきりになってしまっている状況を脱したいのですが、どのように関わっていけばよいのでしょうか。
子供達に英語を教えていくのには、やはり明確な目標とカリキュラムが必要です。明確な目標を持ってカリキュラムを立て、それに沿ったレッスンをネイティブの先生と一緒におこなっていくとよいでしょう。あまり欲張らずに基本の計画を立てることが大切です。弊社の『30 Lesson Plans for Young Learners』は、幼児(幼稚園~小2)クラスの年間30のレッスンプランがそのまま本になっていて便利です。
I am not confident about my lesson plans. What is a good resource to refer to?
Refer to the teacher’s manual. It contains the main points of each lesson so you can check if you have them covered and also double check your basic lesson structure. If you are still not confident, ’30 Lesson Plans for Young Learners’ is recommended if you are teaching WELCOME to Learning World YELLOW BOOK (pre-school to elementary grade level 1st  ̄ 2nd level). There are 30 ready-to-teach lesson plans based on a year curriculum that includes two plays (based on stories from PICTURE BOOKS) with scripts that are great for end-of-the-year recitals. The best part is that you can teach it right out of the book!
Is it better to teach the same topic over and over?
Sometimes we find songs or activities that are similar to the ones that we have already taught or used in class. We then avoid them intentionally being afraid that students might find it boring and reject them. But the opposite is actually true. Students retain what they learn by learning spirally where the same topic is presented to them repeatedly. What’s important is using different approaches and resources when presenting the same topic so that students do not find it redundant. Incorporate resources other than your usual textbook and teaching materials (story books, activities, songs and chants from other books, etc.) and keep your students motivated.

これがオススメ!どんな教材を使っていてもOK。「体験レッスン」にも使える教具

アプリコットのカラー教具は先生方必携の指導アイテム。
「楽しさ」と「英語を使う」経験を両立させてくれます。
インフォメーションギャップのある活動が可能な教具は、
知的好奇心旺盛な高学年の活動に向いています。

カラー教具No.2, 15, 17, 23, 27, 30~33, 37~39は
『実践家からの児童英語教育法』
にも詳しい活動の方法が載っています。

ここでは、お問合せの多いカラー教具を
学習内容別に、一挙ご紹介!
少しずつそろえてもOK、
まとめて「セット」でお安く購入もOK!

 

セットでお求めの場合は、
Learning World シリーズの各巻ごとにお求めください。
バラバラに購入するよりも4000円以上お買い得です!
WELCOME to Learning World  PINK     カラー教具集
WELCOME to Learning World  YELLOW  カラー教具集
WELCOME to Learning World  BLUE     カラー教具集
READY for Learning World      カラー教具集

Learning World BOOK 1、BOOK 2、BOOK 3 の教具は、枚数も増えてより充実!
アクティビティ・シート集90(BOOK 1 用)
アクティビティ・シート集133(BOOK 2 用)
アクティビティ・シート集111(BOOK 3 用)

 
 
◆No.32 カラー教具『犯人はだれだ』を活用したレッスン動画(うるとらうっち~のてんこもりブログ)

 

 
この動画の記事はこちら→【動画】『WANTED』に見るアプリvsカラー教具
 
 
◆No.31 カラー教具『Let’s Make a Face』が紹介されています
カラー教具 「Let’s Make a Face!」を使って顔のパーツを教える(うるとらうっち~のてんこもりブログ)
 
 
◆アクティビティ・シート集133(BOOK 2 用)が紹介されています
21. “Let’s Make a Dog” – Book 2 ACTIVITY SHEETS (Unit 4-2)(Matthew’s Classroom)

 

Page Topへ