アドバイスBOX

先生方とちょっとチャット

Vol.27   Learning World のROMがクリックできません!

Learning World のROMが目次ページまでは見えていますがクリックできません!(PCをWindows 8にしたのですが・・・)
パソコンをWindows XPからWindows 8に買い替えた方からよくお問合せを頂くのがこのご質問です。
Windows 8の場合、Adobe reader をご自身でインストール(無料)する必要があります。
ダウンロード(無料)はこちらから

Vol.26  Learning World 1 のテキストの後ろの表の使い方を教えて下さい。

Learning World 1 のテキストの後ろについている表の使い方を教えて下さい。
テキストの後ろの表はオモテ:PROGRESS REPORT、ウラ:Challenge Chart です。
Progress Chart

・オモテ面:レッスンの中でおこなう宿題の達成度のチェックができるシート
(4, 6, 8…62の偶数の数字はテキストのページを表しています)
progress chart

・ウラ面: 先生が既習の英語の質問をし、質問に答えられた生徒は、答える度に色を塗るかシールを貼っていくためのシート
challenge chart
★使い方はこちら!
(教材フル活用法 テキスト巻末のProgress Sheet/Challenge Chartの使い方

Vol.21  付録のみ、教師用CDのみ購入できませんか?

『WELCOME to Learning World YELLOW』のテキストに付いている「付録」を子供がやぶってしまいました。「付録のみ」を購入できませんか?
また、指導書を持っていますが、長年の間に教師用CDが音飛びするようになってしまいました。「教師用CDのみ」の購入は可能ですか?
通常は、付録のみ、教師用CDのみの販売はしておりませんが、アプリコット出版ショッピングサイトe-APRICOT限定で販売していますのでご活用ください。
※これらの商品は流通商品ではないため、書店・代理店ではお取り扱いがございません。ご了承ください。
ご購入はこちらから:
PINK ・付録Arts&Craftsのみ     ・PINK教師用CDのみ
YELLOW ・付録My Bookのみ     ・YELLOW教師用CDのみ
BLUE ・付録Read ‘n’ Rollのみ     ・BLUE教師用CDのみ

Vol.19 『Learning World Book 1のカード』を印刷すると絵がはみ出します・・・

Learning World 1の Class Cards を、付属のB5の用紙に印刷すると絵がはみ出します・・・
はみ出しているのは、A4サイズのまま、一回り小さい用紙に印刷しているため、全てが入っていない状態です。印刷ボタン→プロパティを開けて簡単に設定できます。

  1. プリンタの印刷画面の「基本設定」で「原稿方向」を「ヨコ」に指定すると横向きの印刷が可能です。
  2. 「原稿サイズ」の「変倍」をクリック。「印刷用紙サイズ」でA4以外の印刷もできます。
  3. 1枚の紙に複数のカードの絵を縮小して生徒用カードも作るには、「プロパティ」→「集約」or 「分割」で2枚、9枚分・・・と分割する数字を選べばミニカードが印刷できます。

A4サイズに2枚印刷した場合(Book 3 の過去形のカード)


A4サイズに9枚分を印刷した場合(Book 2 の動詞句カード)

Vol.17 『READY for Learning World』 のテキストのレベルを教えて下さい

Learning World Book 1の前のレベルが READY for Learning Worldではないでしょうか?
READYは高学年で初めて英語を学ぶ生徒、または、Book 1 終了後、Book 2までに、もう少し時間をかけて教えた方が良い生徒のために作られたテキストです。

生徒の年齢別の発達段階を考慮に入れると、年齢の幼い方が長い文章を聞き取り、再生することができることはよく知られています。READYでは、高学年のビギナーの生徒が学習しやすいように、短いダイアログと場面絵で構成されていて「とっつきやすく」見えますが、実はshort dialogues が30個と多く、その他に各ユニットにチャンツ、リスニングテストも網羅されています。

高学年で英語歴のない生徒さんには、Book1の代わりに、1冊目にREADY for Learning World 、2年目はLearning World 2に進むことができます。Book 1→ Book 2と進み、次はBook 3だけど、まだ英語の力が足りない・・・という時、Book 2の後に、READY を使うことで、Book 2までの復習をすることができます。

Page Topへ