コミュニティ

voice voice voice

16.  4線ソフト こうしてほしい!

10年近く小学校英語科の研究をする中で、貴社の「4線に打て~る」「ペンマンシップ」等、3種類のソフトウェアを活用して「書く」指導に生かせるプリント作成を行ってきました。
その結果ソフトウェア開発として、以下のことが出来るようになると良いと考えています。

・文字の大きさ(4線の幅)が異なる行が複数配置できる
・4線ごとの間隔が自在に開けられる
・絵を入れると、文字が枠から逃げることや上に重なる設定が出来る

小学校も教科英語となり、書く指導をどうするかが当面の課題となっています。いくつかの教科書会社に提案していますがなかなか難しいようです。4線に特化したソフトウェアは貴社のものしか見つかりません。そのノウハウを使って開発できれば全国の小学校も助かります。(群馬県伊勢崎市・小学校の先生より)

★「4線ソフト」についての貴重なご意見をありがとうございます。これらの商品は使い方がわかれば、どのクラスでも使えるのでご要望を形にしたいと考えておりますが、ご要望を形にするのは2015年以降になる見込みです。この他、下記のご要望が届いています。

◆「4線に打て~る」へのご要望:
・4線と4線の間に日本語を打てるようにしてほしい
・白黒コピーに対応できるよう4線の3線目のみ実線で残りを点線にしてほしい

◆「Flash Cards Maker」へのご要望
・外部から絵をとりこめるようにしてほしい

◆「Penmanship&Check Sheets」へのご要望
・設問番号を自分で打てるようにしてほしい
・枠を表示させたり、外したりできるようにしてほしい

他にも「こんなことできたら嬉しい」というご要望がありましたら、是非アプリコット出版までお寄せください!(アプリコット出版 編集部)

15.  Tomorrow p.17の松坂投手を子供達が知らない…

『Learning World for Tomorrow』 を使っています。17ページの写真が松坂投手で、子供達が知らないのでそろそろ改訂をお願いします!
★ご要望をありがとうございます。
中学生向けテキスト『Learning World for Tomorrow』 p.17の Do you know this man? の写真は、初代は野茂英雄投手でした。

2009年以降は松坂大輔投手の写真となっています。ダルビッシュ有投手など写真変更の候補はありましたが、現役の選手をテキストに採用する際は、その選手に病気、けがなど「何が起きるかわからない(??)」こともあり、出版物は頻繁に変更がきかないため慎重にならざるをえません。・・・というわけで、ここは指導する先生方にアレンジして使っていただければと思います。(3代目の写真としては田中将大投手が有力ですがまだ決定には至っておりません・・・)

★ちなみに、p.19 (画像右)には桃太郎や白雪姫に混じってSMAPの中居君の似顔絵も登場しており、編集部としてはTomorrow発売の1998年以来15年以上、彼の動向(?)を見守っております(笑)。(アプリコット編集部)

14. 大阪セミナーは大変勉強になりました

2014年 3月16日 Learning Worldセミナー(大阪)に参加して・・・

内山京子先生のお話は大変勉強になりました。(東京のセミナーには行けず残念に思っていましたが、大阪で開催があるとわかり楽しみにしていました!)生徒全員に同じ目標を課すのではなく、個性も良さも異なる子供1人1人がそれぞれに自信を持ってレベルアップしていけるように手助けしていく、というお話に感動しました。

日々の指導に追われて目先の成果ばかりに気を取られてしまうと、Learning World の真髄である、「英語教育を通じて子供の自尊心を育てる」という核を見失ってしまいがちですが、その思いを改めてしっかり持つことができました。

教室を始める前、主軸となる教材を求めて、名古屋の丸善でとにかく片っ端からテキストを見比べました。なかなかしっくりくるものが無い中、Learning World を広げた瞬間に明らかに他との違いを感じ「これだ!」と決めました。児童英語の右も左もわからない状態でしたが、このシリーズを選んだ自分の直感は正しかったと実感しています。

使い始めて4年経った今、Learning World シリーズは自分らしい指導を追求していくときに無くてはならない「相棒」のような存在になっています。
今後もその奥深さを理解し、その魅力を最大限活用していきたいと思います。(愛知県 I 先生)

 

13. リスニングホームワークスタンプを使い始めて効果を実感!

「CDを聞きましょう」のリスニングホームワークスタンプを使い始めました。
子供達は以前にもまして 宿題をしてくるようになりました。こんなに違うものなのだなぁ!!と感心しています。 (大阪 I先生)

12. 子供達は『アクティビティシート集90』が大好きです!

子供達がアクティビティシートの活動をするのが大好きで、本当に英語を使う力がつきました。
高かったけど、買ってよかった!  (山口県の先生)

★ご存知ですか?アクティビティシート集は厚紙の先生用フルカラー教具です。
切り取って黒板に貼ったり、床に並べて使います。(写真はアクティビティシート集90を白板で使っているところ)

Page Topへ