アドバイスBOX

先生方とちょっとチャット

Vol.49 ケンブリッジ英検YLE ムーバーズ対応問題

Learning World 5 TOMORROWのワークブックのページに、ケンブリッジ英検YLE ムーバーズ対応問題と書かれてあるのですがどういったものでしょうか?
Cambridge English: Young Learners、ヤングラーナーズ(YLE) は、おもに小・中学生を対象にした英語を学びたいという意欲を育てる楽しい英語テストです。
スターターズ、ムーバーズ、フライヤーズの3つのレベルがあります。
詳細はこちら

【編集部より】英検だけでなく、グローバルな基準のテストもご紹介したく、今回Learning World for Tomorrow の改訂版、Learning World 5 for TOMORROW 準拠WORKBOOKに、ケンブリッジ英検Movers の練習問題(20ページ分)を付けました。
1年の学習後にトライしてみていただければと思います。

Vol.48 Learning Worldは英検に対応していますか?

Learning Worldは英検に対応していますか?
Learning World Book 3・・・英検5級
Learning World Book 4 BRIDGE・・・英検4級
Learning World Book 5 TOMORROW・・・英検3級

*Learning World のBook 1, 2,のテキストをきっちり理解できていればBook 3で英検5級はラクラク合格できる目安です。
Book 3, Book 4,  Book 5 の各ワークブックには、英検対応のListening Testが付いています。 Learning World の各テキストは総合的に4技能を、知的年齢と学習歴を考慮して伸ばすことを目的としていますので、いわゆる英検対策本ではありません。英検を受ける再には、実際のテスト形式に慣れることが大切ですので、過去問や英検対策問題集をされることをおすすめします。

英検過去問はこちら↓
5級過去問  4級過去問  3級過去問

Vol.47 夏休みにテキスト以外のおすすめレッスンを教えてください

夏休みにお休みする生徒さんがいて全員揃わないので、テキストを進まず別のことをしたいのですが、何かおすすめはありますか?
絵本はいかがでしょうか?
APRICOT刊行の絵本は、「キッズ英語絵本シリーズ」「ソング&チャンツde絵本シリーズ」があります。
「ソング&チャンツde絵本シリーズ」はWELCOMEシリーズの歌やチャンツがお話になった絵本で、現在8冊刊行されています。
WELCOME to LW PINKの歌・チャンツが基になったお話
『Time to Wake Up!』『What’s in the Cart?』『Whose Shirt?』
WELCOME to LW YELLOWの歌・チャンツが基になったお話
『abcd Chants』『Open the Window』『With My Eyes』『Where is Everyone?』
下記もぜひ参考にしてください。
レッスン例
★『What’s in the Cart?』とことん活用術
小学生クラスにおすすめ
★物語の暗唱で英語力の底上げを図る
★英語絵本 Who Stole the Cookies?
絵本の読み方のコツ
★英語の絵本は内容を理解させてから開くべし!

Vol.46  YELLOW, Learning World Book 1, Book 2、READYの間でフォニックスを定着させたい

YELLOW、Book 1、Book 2、READYの間でフォニックスを定着させたい、そのために系統立ててワーク等を使用するとしたら、どのテキストを、どのクラスで使用したらよいでしょうか?
チャンツde絵本「abcd Chants」「Click on Phonics」をおすすめします。
Learning Worldと併用する場合は、フォニックスレッスンは各15分程度で行います。
YELLOWで「abcd Chants」、BOOK1以降、「Click on Phonicsシリーズ」をお使いいただくことが多いです。

◆チャンツde絵本の「abcd Chants」でYELLOWの時期にしっかり音声のインプットをおこなっておくことをおすすめします。
セットになりますが、動画(DVD)をお使いいただくことも可能です。
サンプル動画はこちら

◆Click on Phonicsは、42レッスン+Reading Book「Cat,Hen,Pig,Fox and Snake, RUN!」+習熟テストで構成されています。文字に、より意識を向けたレッスンになります。

Lesson1-10(WORKBOOK1)がBOOK1/READY
Lesson11ー26(WORKBOOK2) がBOOK2 に相当します。
*Lesson27以降でBOOK3のフォニックスをカバーしています。
レッスンはTeacher’s Handbookに沿って進めていくことができます。
上記はあくまでも目安ですので、レッスンの時間や生徒の様子をみて進めてください。

Vol.45  「35 Questions」とありますが、どこに載っているのでしょうか?

Vol.45  Learning World Book 1の指導書6ページ以降に「35 Questions」とありますが、どこに載っているのでしょうか?

Learning World 1指導マニュアルロムの中に収められています。
CONTENTSページの上部(Unit 1よりも上の欄)に「35 Questions List for Book 1 」という文字があります。
緑色のボタンをクリックすると、35個のLearning World 1で使える既習表現リストが表示され、A4サイズ1枚で印刷できます。

Learning World シリーズでは、Book1, READY, Book2, Book3ともに、既習の英語表現をクラスの中で使うことで定着を図り、パターンプラクティスではなくリアルなコミュニケーションの癖づけをすることを大切にしています。
Questions Listの質問だけでなく、毎回のレッスンの最初の5分~10分にフリーチャットを取り入れることで、習った英語を忘れることを防ぎ、週1回のレッスンでも成果を出すことができるようになります。レッスンでは、すぐにテキストの本時の内容を進めるのではなく「英語を使う」時間を取りいれることをおすすめします。

Page Topへ