アドバイスBOX

年度終わりにおさえておきたいこと Achievement Targetと修了証の使い方

Learning World のテキストの最初のページには、「これだけできるようにがんばろう Achievement Target」のページがあります。 

この「Achievement Target」は学習の成果を、先生や保護者だけでなく、子供達自身が把握することを目的としています。自分の学習に責任を持つと共に、学習の達成感、「真の学びの喜び」を与えることができます。
クラスサイズにもよりますが、このページの16個の課題を、年度終わりに3~4週をかけておこないます。

▲Learning World1の場合

「自分のことを言う」 「テキストを把握する」 「文字に興味を持つ」という3つのカテゴリーで、 16の課題で構成されています。

まず、最初にAchievement Targetに書かれて ある16個の課題を読みあげ、 何をやるかを理解させます。
子供達には、自分のできる課題から順に 発表していくように指導し、
11、12、13番の

  • チャンツを8個言う
  • 歌を3曲歌うことができる
  • ダイアログを5つ言うことができる

の目標のために、自宅でCDを聞いてくるように 指導します。

年度終わりの3~4週をかけて、クラス全員が1~16までの課題を全部おこなうことができるように指導しましょう。1年間のテキスト学習の最後にAchievement Target を全員が達成できるように頑張りましょう。

 

書き方の例

Achievement Targetをすべて達成したら、テキスト巻末の修了証に先生のサインをして渡します。

Page Topへ