アドバイスBOX

よくある質問 Q&A

Q1:「3歳で英語を始めるなら?」

3歳から順に PINK BOOK → YELLOW → BLUE BOOK と使っていきます。
>>詳しくはこちら

Q2:「小学校3年から初めて始めるには?」

テキストとしてはBook1です。レッスン時間が60分以上であれば、WELCOME to Learning World YELLOWあるいはBLUEの歌やチャンツを先生がクラスでルーティン化(今月の歌/Fun timeを設けてそこで歌う等)して流し、楽しく記憶に残る歌&チャンツのインプットをプラスすることも一考の価値があります。
Book1の後はREADY⇒Book 2と進みます。1時間のレッスン時間が60分以上、あるいは週2回のクラスの場合はREADYをやらずにBook2 に進むことも可能です。生徒の定着とモティベーションの度合いでテキストを選択してください。

Q3:「小学校5年生でビギナーの生徒さんに英語を習いたいと言われました...」

小5で初めて教える場合は、その目的と、その後その生徒さんのレッスンを何年間継続する予定か、によって、テキストが異なります。児童英語教育では「言語」としての英語を「実際に使いながら」「自分のことを言いながら」体得し、その経験の積み重ねで4技能の力を身に付けていきますが、「言語」としての英語を学ぶ期間をもたずに小学校英語が教科になるため少しでも先取りをしたい…という理由の場合は、保護者の方のご要望にお応えできると判断できる場合のみ、引き受ける、のも大切です。その地区の小学校の英語事情を知って柔軟に対応してください。
なお、言語としての英語を身に付けたい場合はREADY⇒Book 2ですが、スクールの運営のためには小3で英語学習を開始し、READY(小3)⇒Book 2(小4)⇒Book 3(小5)を1つの目安としてください。

Q4:「1歳で始めたいのですが....」

基本的にはLearning Worldシリーズは3歳からで十分と考えています。 WELCOME の PINK bookを3歳未満で使う場合は「ママと一緒」あるいは家庭学習も考慮に入れ、あくまで「英語に触れる」スタンスで、意味は全然わからなくても英語の「音遊び」的に、楽しくインプットする感覚が必要です。発達段階から考えますと、歌の教材NEW Let’s Sing Together で英語の歌に慣れ親しむほうが1,2歳では有効と考えています。

Q5:「中学生に、文部省教科書と平行して持たせるテキストは?」

中学教科書を補習する「副教材」としてはCHANTS for Grammar がおすすめです。中学2,3年で学習する現在完了、受け身、関係代名詞などが自然に学習できます。34のチャンツで主要文法を理解することが可能です。

Q6:「生徒用CDと教師用CDの内容はどう違うのですか?」

指導書に付いている教師用CD(Class CD)には、クラスで必要なすべての音声が入っています。
リスニングテストの内容や、歌のカラオケは教師用CDだけに収録してあります。生徒用CDには宿題として日頃生徒達に聴いてほしい歌やチャンツやダイアログの内容だけが入っています。教師用CDの中から生徒に宿題として持たせたい内容だけをピックアップしたのが生徒用CDとお考えください。

Q7:「テキストと生徒用CDだけで教えられますか?」

Learning World Book 1を使う場合は必ず「指導マニュアルCD-ROM」と「クラスCD」をお持ちいただきたいと考えます。
コースブックをお使いの場合、毎時間、習った英語を使ってどんなアクティビティをおこなうかを考えることは先生方には相当負担になってしまいます。Learning Worldの指導マニュアルはバイリンガルでシンプルにレッスンの流れを示してありますので、やはり指導マニュアルおよび教師用CDを持っている方が授業は進めやすいと思います。

Q8:『WELCOME to Learning World YELLOW BOOK CD付指導書』と『30 Lesson Plans for Young Learners』の違いは?

『30Lesson Plans for Young Learners』(年間30のレッスンプラン集)は、YELLOWをテキストにし、幼稚園で複数の先生が担当される時の基本の書として作られたレッスンプランです。先生の言葉掛けや生徒の反応例など細かな記述で、Warm Up~Closingまで、指導案形式で書かれています。
一方、指導書には、テキストの該当のページで最低限おさえておきたいことがコンパクトに紹介されております。記述は『30 Lesson Plans for Young Learners』の方が詳しく、幼児クラスに便利な絵本を使ったレッスンも3レッスン紹介されておりますので、指導書と合わせてお持ち頂くと便利です。
>>サンプル 『WELCOME to Learning World YELLOW BOOK CD付指導書』 Unit 1-1
>>サンプル 『30 Lesson Plans for Young Learners』 Unit 1-1

Q9:カードとカラー教具(アクティビティ・シート集)の違いは?

カードは語彙を定着させるものです。
カラー教具(アクティビティ・シート集)は、活動で使う厚紙で、様々な形をしており、主に黒板に貼って使います。大きさは、多くはA4サイズ、いろいろなパーツは手のひらサイズです。大きいものもA4サイズにたたんで収納できます。
なお、「PINK」「YELLOW」「BLUE」「READY」準拠のものは「カラー教具集」、「Learning World1、2、3」準拠のものは「アクティビティシート集」と名付けられています。
カラー教具集(アクティビティシート集)は、教室の中で英語を使う場面を作ることができ、子ども達が英語を使う場面を体験することができます。
Learning Worldシリーズの大きな特徴でもあります。

Q10:「Learning World 1を使っています。ワークブックの○つけはいつすればいいでしょうか?ワークブックを預かってしまうと生徒は次回のレッスンまでの宿題をできなくなります。1人で教えているので、○つけをお願いできる方もいません」

ワークブックは宿題にせず、レッスン内に時間を設けて全員でおこないます。7問あれば3-4問を一緒にやって、残りの設問を各自が取り組んでいる間に、1人1人の机をまわり、前回のページをチェックするのはいかがでしょうか。Learning World Book 1,2,3では「4週目のREVIEWの時間」に各生徒の弱い箇所を見て回る方もおられます。早く終わってしまう生徒には4線の『NOTEBOOK』を持たせ、テキストの単語や文章をcopyしたり書かせることをお勧めします。

Q11:Learning World 1からLearning World2に進むのは難易度的に厳しいのでしょうか?

Learning World 2 は文型シラバス、READY は場面シラバスで書かれていて、指導法は異なりますが英語のレベルはほぼ同レベルです。READYの単語欄、チャンツ、学校生活の場面絵を使ってクラスで英語を使う経験をすることで、Book1学習自からの定着を顕著に実感できるのですが、Learning World シリーズの中で絶対に飛ばさない方がよいのは、Book1,2,3です。この3冊は必ず継続してお使いください。

Q12:Learning WorldシリーズのROMはWindows10でも対応していますか?Macでも使えますか?

教師用のロムはPDFファイルをご覧頂くだけのシンプル設計ですので全てのWindowsのバージョンに対応しています。ただしWindows 10の場合は、PDFを見るためのデフォルトを変更する必要があります。設定の変更は、1~2 分で完了します。手順はこちら
★Macをお使いの先生方へ:
ROMをご購入後、アプリコット出版にご連絡ください。
Windows版とMac版をお取り換え致します。

Q13:Learning WorldシリーズのROMがひらきません。

「Learning World指導マニュアルCD-ROM」、「Class Cards CD-ROM」を開くには、PDF READER 6.0以上が必要です。パソコンにインストールされていない場合は、こちらから無料ダウンロードできます。

◆参考⇒「テキストの選び方」/「Learning Worldシリーズ」(先生方とちょっとチャットへ)

Q14:ラーニングワールドをこの春から使います。アチーブメントターゲット、ネームカードがテキストの中にあってご父兄にお話ししやすいですが、保護者の手紙はどこにありますか?

保護者への手紙はBk1,2,3は指導マニュアルロムを購入するとB5サイズの冊子が付いていますので、その中の1ページに記載されています。全巻の保護者への手紙は、Classroom Kitの中の20ページのA4サイズの冊子に入っています。冊子にはBRIDGE、TOMORROWまで全巻の保護者への手紙とアチーブメントターゲットが印刷されています。
下記からも各巻の保護者への手紙はご覧いただけます。
保護者への手紙(Letter to Parents)
★★Learning World年度はじめの準備チェックシートはコチラから!

Page Topへ