コミュニティ

なかもとと友かな

新着
カテゴリー
プロフィール
ご存じアプリコット出版筆頭著者。 元AIM English Studio (大阪・堺市)主宰。 Learning World series、『キッズ英語絵本シリーズ』等アプリコット出版刊行物多数。 幼児・小・中・高・大学・大人と全年齢層の英語教育実践家で児童英語教師のカリスマ的存在。 APRICOT児童英語教師養成講座講師。Learning World 認定校スーパーバイザー。
  • 年齢別商品一覧
  • Vol.16 “脱immature” クルーズ編        2015年3月

    2月初旬に早々と大学に後期の担当講義の成績を提出し、アプリコット出版の新井編集長に丸4日、拉致され原稿を何とか書き終え(?)、LAからクルーズでメキシコへ行ってきました。

    IMG_0530 IMG_0707

     

    大きなラゲージを持っての移動が年々面倒になり、最近はもっぱらクルーズに凝っています。

    バンクーバーからアラスカ、ドイツのパッサウからブダペストまでのドナウ川クルーズ、地中海、エーゲ海クルーズ、スイスからオランダまでのライン川クルーズ、イギリスの田舎のcanal のnarrow boatと今回で6回目になります。船は、レストラン・バーが10箇所ほど、プールが5箇所ほどパターゴルフ場、バスケットボールコート、スポーツクラブ、カジノ、野外映画、劇場、イベントホール などの設備のある18階立ての大型船です。(“ほど”と書いたのは9日間乗っていたにかかわらず、最後まで把握できなかった。。。)
    乗客3800人中、日本人は私たち2人だけでした。クルーズというとタイタニックのような上流社会の豪華客船が思い浮かびますが、実際は「動くグローバル老人ホーム」です。おしゃべり好きのretired族のカップルが世界中からやってきます。ですから、breakfast, lunch, afternoon tea, dinner のテーブル(8人席)につくやいなや、臨席の人たちとの自己紹介が始まります。話をした人だけでも、アメリカ人・ドイツ人・スイス人・イギリス人・カナダ人・オーストラリア人・ニュージーランド人・中国人・タイ人・マレーシア人・フィンランド人・メキシコ人と様々です。旅の話、現役の時の仕事の話、孫の話、日々の暮らしや物価の話と話題は尽きません。Formal Dinnerの夜は、男性はダークスーツ、女性はドレス姿で目いっぱいおしゃれし、男性はladyを一層大切に扱います。80歳代とおぼしきカップルが楽しそうにダンスする姿はとても素敵です。
    アメリカでは高校でも junior prom や senior prom があって、紳士、淑女教育を受ける機会がありますが、日本では社交の場で臆することなく、様々な話題を英語で話せることを目標とした“大人になる”教育の機会が少ないのは残念ですね。 「日本人って同じクルーズシップに乗っていても、いつも添乗員の指揮の元でグループで固まって行動して、他の国の人と友達になろうとしないのはなぜ?」と聞かれました。

    個々に責任を持って行動し、積極的にコミュニケーションを楽しむ人は少ないようです。

    「脱 “immature ”」  これが今後の課題です。
    IMG_0547

     

    追記: 編集部の南部真生さんいわく:「メキシコまで行かれるなんて、本格的な“逃亡”ですね(笑)」

    Page Topへ